Liv_v_Ars
ちゃらーす☆

少し前の試合になりますが、好カードなので、簡単にまとめみたいと思いますm(_ _)m
いまいち波に乗り切れていない2チームの対戦。

けが人続出で頭をかかえるベンゲル・アーセナル。

バロテッリが全く機能せず、結局ズルズルきたロジャース・リバプール。

ここを制して勢いに乗りたい2チームの監督の思惑がぶつかり合った面白いゲームになった印象っすね!

------------------------------------------------------------------------------------------------
【システムのマッチアップ】
image
※分析は、リバプールサイドから見てます
 赤字がリバプール、青字がアーセナルっす

▼リバプール
3バックを採用。

3-4-2-1

のようなイメージで、両サイドの㊿マルコビッチ、⑭ヘンダーソンがWB。
中央にトップ下を2枚配置する形で、中央での攻めを意識してますね。

▼アーセナル
いつも通り4バック。

4-3-3

ジルーをCFに、ウェルベックをWGに配置。
リバプールが3バックを起用すると踏んで、リバプールDFと数的同数に持ち込み、ショートカウンターを狙うスタイルでしょう。


ゲーム序盤


▼スピードでかく乱を狙うアーセナルだったが...
この日CBに入るアーセナルのドゥビッシーと、メルテザッカーのスピードの弱点を突く狙いで、㉛スターリング、⑩コウチーニョ、⑳ララーナの機動力に期待。

ゲーム序盤は㉛スターリングが左サイドに流れた為、中央に残るは⑳ララーナと⑩コウチーニョ。圧倒的に高さ不足でアーセナルとしては怖さ無し。

ただし㊿マルコビッチの調子も良く、左サイドはリバプールが制圧。
チェンバースの守備対応の不安定さを狙った形っすかね。


▼アーセナルの3トップによるショートカウンター狙いは...
ビルドアップ能力に若干の不安を抱えるリバプールの3バックを追い込んでやろうというアーセナル3トップの狙い。
前線で頑張れるジルーと、走れるウェルベック、サンチェス。

この作戦は効果を発揮してたっすね。
追い込まれてリバプールが前線に蹴った所で、前線にいるのは小柄な選手ばかり。当然高さではアーセナルが圧倒的有利っす。

ただし、ボールを持ってからが機能せず。
サイドに数的有利を持つアーセナルなのに、両WGはセンタリングタイプじゃない。中央にジルーがいるメリットをあまり生かせない攻撃が続きます。


▼サイドで数的有利のアーセナルに対してリバプールの対応は...
守備時はトップ下の⑳ララーナと⑩コウチーニョを両サイドに開かせ、サイドで数的同数になるように対応。


⇒そんなこんなで、序盤はお互いの攻撃陣が上手く機能せず、時間が経過


20分過ぎ~


▼徐々にペースはリバプールに...
攻め手を欠く両チームでしたが、中盤の構成の差でリバプールが徐々に支配力を強めます。
アーセナルのハイプレスに対して、リバプールボランチの2枚、➇ジェラードと㉑ルーカスが低めにポジショニング。

特にジェラードの展開力によって、自由に攻撃を組み立てるリバプール。

これに対応するアーセナルCMFのチェンバレンとカソルラはついていけば後ろががら空きに。放っておけばリバプールの攻撃の自由を許す事になるので、3トップを1列下げ、守備のスタート位置を下げて対応。

主導権はリバプールに。


▼バイタルエリアに不安を残すアーセナル...
最終ラインの1列前であるバイタルエリアに関しては、ボランチに入るフラミニが対応するエリアだが。。。
フラミニは守備の際(特にサイドから攻められた時)、最終ラインに吸収される事がしばしば。
バイタルエリアのケアは十分では無い印象っす。


☆44分 リバプール得点 1-0
リバプール右サイド、アーセナルのクリアが中途半端になった中、ジルーが下りてきて繋ごうとしたショートパスを⑭ヘンダーソンがカット。そのままバイタルエリアに向かって斜めにドリブル。その延長線上にいた⑩コウチーニョへ繋ぐ。上半身で左へのフェイントから右に持ち出しファーサイドへのシュート。

⇒アーセナルは空きがちだったバイタルエリアを使われてのゴール。しかし。。


☆45分+ アーセナル得点 1-1
サイドからのセットプレー。
クロスのセカンドボールが高く上がり、これを折り返したアーセナルのドゥビッシーが合わせてゴール。


【前半総評】
▼リバプール
全体的に試合を支配していたものの、前線での収まりが良くない。
㉛スターリングがあまり効果的とは言えなかった印象っすねえ。。
㉛スターリングはトップ下の方が良さそう。1トップにはランバートあたりに頑張って貰うのもありだと思うんだけどなあ。。

▼アーセナル
リバプールの➇ジェラードと④コロトゥレのドリブル対応が良いとは思えないので、チェンバレンをこっちにあてて、サンチェスもこっち側に持ってきても面白いかも。
あとはジルーの強さを使いこなせてない印象。くさび当ててあげても良いかなって感じっす。


後半~

メンバーチェンジは無し。
特別な変更点も無く、時間が経過していきますが、ゴールで一気に試合が動き出します。


☆65分 アーセナル得点 1-2
左サイドをフリーでチェンバレンが運び、バイタルエリアのジルーへくさび。これをダイレクトでもう一度左サイドへはたいてカソルラへ。これをさらにダイレクトでグラウンダーのクロスをニアサイドへ。飛び込んできたジルーがゴール。

⇒この得点以降、アーセナルは効果的にジルーをシンプルに使い始め、バイタルエリアへの圧力を強めていきます。


▼反撃に出たいリバプールが選手交代でシステム変更...
74分  ㊿マルコビッチ⇒㉙ボリーニ
81分  ④コロトゥレ⇒⑨ランバート

この交代でシステムを4-4-2のボックスへ変更。
image

㉛スターリングをサイドバックに下げ、4バックへ変更。
㉙ボリーニと⑨ランバートを前線に配置。

この2トップが徐々に効果を発揮し始めるっす。


▼前線中央で睨みの利く2トップの恩恵はトップ下に...
2トップにした事で最大の効果を発揮したのは2枚のトップ下でした。

元々注意の行き届いていなかったアーセナルのバイタルエリア。
リバプールの2トップがアーセナル最終ラインに圧力をかける事で、つられてフラミニも下がり気味のポジショニングに。

そこでスペースが出来たバイタルエリアにリバプールのトップ下、特に⑩コウチーニョが盛んにボールを受け始める。

しかし、残念過ぎることに、⑩コウチーニョが幾多のチャンスを外しまくるっす。。。


▼反撃ムードのリバプールに最悪のアクシデント...
92分  ㉙ボリーニ 退場

あと一歩で得点という時にまさかのこの日2枚目のイエロー。
このジャッジにはとても文句は言えないくらい愚かな退場劇でした。。。

万事休す。。


と、思われたリバプールを救ったのは、試合途中、頭部に傷を負って闘った守備の要、
㊲シュクルテル。


☆96分 リバプール得点 2-2
リバプールの右コーナーキック。
ゾーンディフェンスで守るアーセナル。
ファーサイド、どフリーで構える㊲シュクルテルが助走をつけて走り込み、値千金の同点ヘッド。

そりゃあ全力で助走つけてのジャンプと、スタンディングでのジャンプと、どっちが勝つかは明白っすよね(^^;)
アーセナルはゾーンでのセットプレーを考えないと。。


【総評】

total:2-2

・得点者
44分 コウチーニョ
45分 ドゥビッシー
65分 ジルー
96分 シュクルテル

・退場者
92分 ボリーニ

▼リバプール
・なんだかんだ今季最高の出来
・ジェラードの位置取りでチームのプレーエリアが変わる
・ファイナルサードでの迫力にかける(FWの起用に検討の余地あり)
・㊿マルコビッチ、⑩コウチーニョが絶好調

▼アーセナル
・ファイナルサードでの迫力にかける
・オンターゲット2本で2得点の決定力
・個人の能力は高いが、チーム全体の意志統一や狙いがかみ合っていない
・バイタルエリアのケアを意識
------------------------------------------------------------------------------------------------

お互いに良い所、悪い所が浮き彫りになった試合!って印象っすね。
この後のリーグ戦に何かしらの影響を及ぼしそうな試合内容でした。


簡単にまとめるつもりが結構長くなったっす。。。
もっと画像使ってわかりやすく書いていきます(つд⊂)


この2チームが上向いてくれないと、リーグが盛り上がらないっすから、今後の戦い方に注目っす!

うーん、メモメモ♫