▼この記事を読むのにかかる時間/約5分
CPaePNq7_400x400
ちゃらーす☆

さてよーやくアップです。。

選手じゃないケド、中3日はきついな(笑)


そして、このトップ画にしている選手を知らない人が多いかと思いますが、今回金沢の試合をスカウティングした時に気になった選手です。


➇山藤健太 選手


中盤の底から、要所要所で縦パスを入れる事でチームのリズムを生み出していました。


て事で、早速分析内容です。
------------------------------------------------------------------------------------------------
【金沢の前節のシステム】
2015-07-08-10-32-00
(今回は大学ノートです。。)

金沢のシステムは誰が見てもわかるくらい、忠実なこの形。

4-4-2

それも、最終ラインと中盤がフラットな形の4-4-2です。

試合中のシーンを見ればこんな形。
2015-07-08-10-37-15
白いユニフォームが金沢です。

ホント、綺麗にDF-MF-FWと3列を作ってますね。

この、チーム全体がソリッドな守備網を敷いている事が最も厄介な点ですね。


▼攻撃
・基本的には遅攻が多い。守備をベースに試合に入り、守備の時間が長い為一見カウンター狙いに見えるがそんな事もなく、カウンターには最小人数をかけ、それで攻撃が完結出来ないなら全体を押し上げて遅攻に移る形。

・チームが遅攻を主体としている事からも言えるが、ポゼッションのレベルは実はかなり高い。しっかりと守備を固めてボールを奪った後は、しっかりとポゼッションをして自分たちの時間を作れる。
特に、縦パスの意識がかなり高い。日本代表顔負けくらいに縦パスをしっかりと織り交ぜてポゼッションしており、決して横パスばかりの「逃げのポゼッション」ではない。
縦パスを織り交ぜる事で相手を押し下げる事ができ、味方の押し上げを可能にする。

2015-07-08-10-38-21
これは実際に全体を押し上げた時の金沢。
最終ラインのCBがセンターラインに残り、他の選手はかなり高い位置を取る。

・リーグトップのセットプレーからの得点。
それもあって、決して攻撃を焦る事がなく、少ないチャンスを待って、耐え忍ぶ事が出来る。


▼守備
・前述したように、かなりソリッドな守備。
全体がしっかりとブロックを作って、不用意に飛び込まない。自分のゾーンにボールが入ってくるとしっかりと寄せ、ボールが下がれば自分のベースポジションに戻る。

・2トップも不用意に飛び込む事がなく、コースを限定して、ワンサイドカットを徹底。
2015-07-08-10-43-01
画像右でボールを持つギラヴァンツ。
金沢の2トップはここまでボールに寄せているのに、ボールを奪いに飛び込みには行かない。
とにかく相手をサイドに追いやる事を徹底している。
------------------------------------------------------------------------------------------------
【対応】
▼システム
2015-07-08-10-32-10
まず、ジェフの左SB、中村太亮の怪我の具合が気になる所です。。
正直今回の相手はこの位置、クロスの仕事がものを言うと思っているので、中村が出れないとなるとかなりの痛手ですね。。


システムのマッチアップ上はジェフの2ボランチの所が空きます。
ただし、ここに2枚を余らせる必要は無いので、このボランチの動かし方は一つポイントになります。

最近よく見られる⑤パウリーニョをCBに下げて2CBをワイドに広げる事で、両SBの位置を高く設定する。
この戦術でCBの位置に3人置く事で相手2トップに対して数的優位を作り出し、サイドでの戦いに持ち込みたい所です。

中央でフリーになれる⑦佐藤勇人を上手く使って、局面局面での数的優位を作りながらサイドを制圧したい所です。


▼攻撃に対して
・金沢の攻撃に関しては特別気をつける点が明確にあるわけではないというのが印象です。ただし、全体のポゼッションはかなりハイレベルなので、しっかりとブロックを作って、バイタルエリアを空けないように注意が必要です。

・また、セットプレーではかなり精度が高いボールが入ってくる為、特にゲーム終盤は不用意なファールには気をつける必要があります。


▼守備に対して
・金沢の最終ラインは特別高いわけではないですが、ずるずると下がらないように気をつけていて、ペナルティエリアのラインを目安として、そこで一度グッとラインを押し止めます。
その時、GKと最終ラインの間にスペースが生まれるので、そこにアーリークロスを放り込みたい所です。
2015-07-08-10-48-15
これは金沢が前節失点した時のシーンです。
セカンドボールを左で拾われて、ラインが整わない内にクロスを放り込まれ、ヘディングで押し込まれます。

2015-07-08-10-49-48
また、これは終了間際にギラヴァンツがチャンスを作り出したシーンです。

オフサイドにはなりましたが、左サイド低い位置からクロスを放り込みます。
最終ラインがペナルティエリアのラインで止まってますね。

ここへダイアゴナルに入りたい所ですね。
------------------------------------------------------------------------------------------------

初めて金沢を見た印象は、「素晴らしい」です。

それは、90分間集中して組織を崩さない事。
そして、縦パスを織り交ぜたポゼッションで積極的にボールを動かす攻撃面での組織。

個人的には➇山藤の縦パスを入れるスイッチには気をつけて見たいと思います。


折り返しで上位の金沢を叩ければ間違いなく流れに乗れますから、しっかり叩きましょう!


WIN BY ALL!!