▼この記事を読むのにかかる時間/約8分
2015-07-09-11-59-06
ちゃらーす☆

さて、中3日で迎えたこの一戦。
アウェイ金沢に乗り込んで、ツエーゲン金沢とのゲームです。

前回対戦では終了間際に追いつかれてドローだったそうな。
なんだか誤審だのなんだのって騒ぎになっているそうな。

まあ、前回対戦は初対戦という事もあって、敵のデータも少なかったみたいですから、2度目の対戦となる今回はしっかりとした準備の上で臨んでくれるでしょう。

では早速分析です。
------------------------------------------------------------------------------------------------
【システムのマッチアップ】
2015-07-09-12-29-39
※図は千葉側から
青字:千葉/赤字:金沢

(いつもとテイストが違ってすいません。。紙切れです。攻守で陣形が同じ為図は一つです)


▼千葉
いつもどおりのシステム。

4-2-3-1

まずは真っ先に注目しなければならない点は、左SB。
⑰中村が怪我による欠場の為、代わりに③田代を起用。

そしてCB、前節と同じく⑳キムの相棒に㉔栗山。

さらに最前線には怪我で大事をとった森本に代わって⑪ペチュニクが最前線。
右サイドは㉙水野が先発。

この辺りがいつもと異なるポイントですかね。


▼金沢
システムは前節と同様。

4-4-2

最前線には⑩佐藤ではなく⑲玉城を今季初先発。

左SBの②阿渡も前節と異なる起用ですね。


【注目ポイント】
失点がとにかく少ない金沢の守備。
相当ソリッドに守ってきますので、その強固なブロックを掻い潜る為に千葉はどんな出方をするのか。

千葉は中村のいないゲームに臨むのは初。
代役で出場する③田代の出来は。

そして㉙水野が先発起用された狙いとは。

前後半での修正にも注目です。
------------------------------------------------------------------------------------------------


前半~


▼やはりビルドアップの中心は⑤パウリーニョ...
これは戦前に予想した通りでした。
というか、ここ最近の千葉のビルドアップの形ですね。
2015-07-09-12-00-10
⑤パウリーニョがCBの位置まで落ちて、2CBがワイドにとって3バック。
そして両SBが高い位置を取る。

これによってサイドでの攻撃のスタートをより高く設定出来ます。

ワイドに開いた2CBを上手く使えばサイドで数的優位を作り出せます。


▼序盤、積極的に前に出る金沢...
金沢といえばしっかりとブロックを作って敵の攻撃を我慢し、マイボールになればビルドアップをしっかりと開始してくるチーム。

しかし、この日の金沢は積極的に前に出てきます。
2015-07-09-12-04-17
最終ラインで千葉がビルドアップを開始すると、まずはFWがしっかりとチェック。
そして、後ろの選手も後に続きます。

いつもの金沢であれば完全に引いてブロックを形成する所ですが違いました。

しかしこの前掛かりな守備も開始10分間のみで、10分が経過すると自陣に引いてブロックを形成。
いつもの形に戻ります。


▼サイドを起点に攻撃を展開する千葉...
これもプレビューで触れた部分ですが、アーリークロスはやはり一つの狙いであったように思えます。

そして、そのアーリークロスを担う人物こそが㉙水野であると思われます。
2015-07-09-12-07-29
㉙水野は切り込まずに、この位置からシンプルにクロス。
2015-07-09-12-13-05
このシーンでは画像右上でボールを持つのが⑬金井。
彼もまたこの位置からアーリークロスを上げます。
2015-07-09-12-10-21
また、敵陣の真ん中くらい、この位置で後方からのボールを受ける⑬金井。
その前には㉙水野。

そこへ中央から⑦佐藤勇人がヘルプに来ます。

これで局地的に金沢のサイド2人に対して3人で数的優位を作り出せています。

千葉はサイドを起点に攻撃を展開します。

※実際、関塚監督も30分過ぎに「サイドを使ってもっとボールを早く動かせ」という指示を送っています。


▼ビルドアップの位置が低く、ボールを持たされている千葉...
前述したように、金沢は完全に自陣に引きます。
そして、いつものよに相手チームにボールを持たせるわけですが、千葉はこの時のビルドアップの位置が低すぎます。
2015-07-09-12-11-27
金沢がここまで下がっているのに、千葉はこんなに低い位置でボール回し。
それも、隣に、隣に繋ぐ「ステーションパス」。

これでは金沢の守備網もしっかりとスライドしますから、何も状況は変わりません。
そもそも前線との距離が遠すぎて、縦パスを入れるのを自ら難しくしています。

完全に金沢の術中ですね。


▼ちょっと危険なワンシーン...
前節から②大岩に代わって先発している㉔栗山。
少し危ないシーンがあったので取り上げます。
2015-07-09-12-17-34
このシーンでは画像一番右、最終ラインで⑤ペチュニクがボールを持つ時に、㉔栗山がすぐ手前でボールを受けようとしています。

こんなに近くで受けに来ては邪魔にこそなれ、助けにはなり得ません。
この時はもっと後ろでセーフティに受けてあげるか、そこはGKに任せて高い位置を取って再び敵陣に押し返すか。
体の向きも良くありません。


そして金沢は、この日中村に代わって左SBに入る③田代の所も狙ってきます。
時折不安定な動きを見せる③田代。

マッチアップするのがストロングポイントである⑦清原である事もあって、積極的にこのサイドからこ攻撃を仕掛けます。

それでも対人の強さは見せる③田代が、守備ではしっかりと仕事をします。


数字上の支配率は上回りますが、金沢のブロックを崩せず、時折崩されてピンチを招いている千葉が劣勢と言える状況のまま、前半を折り返します。


後半~


▼ビルドアップの位置を修正した千葉が徐々に押し返す...
前半はボールを持たされ、ビルドアップの位置も低かった千葉。
後半はここをしっかりと修正してきます。
2015-07-09-12-19-44
センターサークルより後ろに設定していたビルドアップも、センターライン付近まで上げています。

相手が近くなるのでプレーする側としては怖さがあるかもしれませんが、J2の中では技術は一つ上のクラスにいる千葉、これくらいのリスクは犯しても大丈夫なハズです。


▼ついに効いてきたボディブロー。サイドチェンジ...
後半に入って特に千葉が意識していたのがサイドチェンジ。
見てたサポーターには、ダラダラとボールを回すだけで縦パスがなかなか入らない展開にイライラしていた方もいたかもしれません。

しかし、こちらがサイドチェンジをする度に全体をスライドして対応している金沢。
これがしんどくない訳無いんです。
2015-07-09-12-21-57
後半も60分頃になると徐々に金沢の足が止まり始めます。

これは千葉が右サイドから左サイドに展開した時のシーンですが、明らかに金沢の中盤が横に間延びしています。
スライドが遅れ始めている証拠です。


ここで更にカンフル剤を投入します。


64分 千葉選手交代
㉙水野⇒㉖井出

サスペンションから帰ってきた㉖井出の投入です。

この㉖井出の投入はかなり効いていました。
ボールを持って自ら運ぶ事の出来る㉖井出。

相手は不用意に飛び込まない金沢。

結果として、相手に睨みをきかせたままボールを運び、高い位置で楔になりながらビルドアップの位置を押し上げます。

敵の懐でのボールの出し入れを可能にした千葉が一気に主導権を握ります。


㉙水野に関しては、動きは良かったしシュートも打っていたケド、肝心のクロスに関しては持っている才能を発揮しきれずって印象ですね。



このあと選手交代が続きますが、結局ゲームはここから動かずスコアレスドローで試合終了の為割愛。
⑭町田に代わって新加入の㉝能登が初出場を果たしました。
------------------------------------------------------------------------------------------------

後半は完全に千葉のゲームになったものの、最後の一歩が遠かったですね。

まあ、ポスト直撃のヘディングとかありましたが。
(⑪ペチュニクのPK判定疑惑には触れないでおきます。。(^^;))

終盤に出てきた、⑪ジャーンモーゼルに助けられたというか、彼のボールロストが本当に多かったですね(^^;)


差は縮まらず。

勝ち点3欲しかったなー。
でも中3日で金沢は厳しいか。

次節は群馬。
足が速いFWがいて厄介です。

心してかかりましょう。


WIN BY ALL!!