▼この記事を読むのにかかる時間/約5分
00006908-0
ちゃらーす☆

さて、ミッドウィークの試合。

いやあ、シルバーウィークとはいえ、ブログの記事が追いつかない。。
今日も朝6時起きで頑張ります(笑)

ただし、早起きのせいもあってか、頭の働きがいまいちなのか、今回の記事の内容は薄めな気がしてなりません。
ご了承下さいm(__)m笑

トップ画は④荒堀。
まあ、前節の得点者なんですが、栃木のストロングポイントは両SBにあると思っています。

この④荒堀は自身も攻撃大好きを認める感じで、積極的に上がってきますから、ここが要チェックですね。

こちらが攻める上でのポイントは「裏への抜け出し」。

では分析に参ります。
------------------------------------------------------------------------------------------------
【前節の水戸のシステム】
2015-09-23-09-31-47
システムは4-4-2。

チーム内得点王は左サイドに入る㊳中美の8得点。

バックラインが3人韓国人ってスゲーな。。(^^;)

冒頭で書いたように、両SBのオーバーラップが攻撃の起点になります。

メンバーに関しては、その前のセレッソ戦で大敗を期して、4人を入れ替えているとの事ですから、ジェフと試合する時にも少し顔ぶれが変わっている可能性は高いですね。


▼攻撃
・左サイドでの攻撃の組み立てになった時を注意したい。③パクはスピードやスキルが特別高い印象はないが、クロスに関しては良いものを持っているように見えた。前節の得点もこのクロスから。
2015-09-23-09-29-40
これが前節の得点シーン。
左サイドでのボール回しから、③パクが利き足の左から右に持ち替えてのクロス。ファーサイド、DFの背後から飛び出してきた④荒堀がヘディングでゴール。

左サイドで組み立てを行った時には中央にも積極的に上がってくる選手なので、④荒堀には注意したい。

・FWの⑭坂野の高さに合わせる形。次節出場するかはわからないが、この競り合いのセカンドボールを拾って攻撃に移りたいという意図は見える。
2015-09-23-09-16-57
左から右に攻める栃木(黄)
画像右で競っているのが⑭坂野だが、このセカンドボールが拾えずに苦労していた。


▼守備
・守備のスタート位置は高め。降格圏のチームにありがちだが、必死なので積極的にチェイスしてくる。ジェフとしては少し苦手な感は否めないか。
2015-09-23-09-14-48
左から右に攻める栃木。
相手のCBまでチェイスに向かう。
ただし、システムの特性上、こちらのボランチが空いてくる為、ボランチを上手く使ってかわしたい。
(このチェイスによってフィードの精度が落ちるいつもの展開は避けたい)

・セレッソ戦でも見受けられたが、裏へのボールの処理が優れているとは言い難い。前節の対戦相手の水戸にも前半、ここを再三狙われ、まったく何も出来ず。。
------------------------------------------------------------------------------------------------
【対応】
▼システム
2015-09-23-09-32-02
赤字:ジェフ/青字:栃木

前節からの変更点としてありそうなのは、まずはCB。

⑳キムが2節続けてあまり良い対応では無かったので、一旦㉔栗山の起用もあるかなと。
(⑳キムでも良いんですケド、変化を加えてくるかなと)

それから、ゲームを受動的ではなく、能動的に進めるのであれば、やはり⑬金井は必要かなと。
侮るつもりは一切ありませんが、下位のチームに対して受け身になる必要なんてないです。
向こうの方が怖がってるんですから。

毎回悩ましい左サイド(^^;)

④荒堀の存在を考えると、守備面での貢献を考えて、㉖井出を選びました。


▼攻撃に対して
・ボランチを完全に消しに行く事。向こうのCBにビルドアップの能力がない事、ボランチの判断スピードもあまり良くない事がある。ボランチをボールの取りどころにするのはあり。
2015-09-23-09-23-03
左から右に攻める栃木。
中央のボランチにボールが入った瞬間、水戸(ピンク)が3人で囲い込む。
栃木は⑭坂野の高さに合わせる単調な攻撃を繰り返しては跳ね返され、徐々に劣勢を強いられる。

・コーナーキックについて。
ニアに早いボールを入れて、フリックしてファーサイドで詰める形を持っている。だいぶ練習もしているとの事で、ニアにボールがいった時、ファーサイドのマーカーが集中を切らさない事。


▼守備に対して
・前節の水戸、それから前々節のセレッソを見習うと、とにかく裏。裏に向かって走ってスピード勝負に持ち込む形は非常に有効。
2015-09-23-09-12-30
右から左に攻める水戸。
とにかく裏目がけてフィードを送り、トップの㊵鈴木武蔵を走らせまくる。まあ㊵鈴木はスピードに秀でているので、これでかなり栃木を押し込める事が出来ていた。
ジェフには㊳松田のスピードがあるし、途中交代で⑲オナイウを投入するのもあり。


【まとめ】
守備に関しては、ボランチを取りどころにして、一発でFWにつけてくるボールを簡単にやらせない事
セカンドボールを拾われない事。

攻撃に関しては、とにかく裏を取る事。
そうなると当然相手のDFラインが下がるから、バイタルエリアに入り込んでセカンドボール奪取。ショートカウンターに持ち込めばチャンスは生み出せる。
------------------------------------------------------------------------------------------------

さて、1点病が続くジェフ。

複数得点に期待。

戦術に凝り固まって難しくなりすぎずに、シンプルなプレーを心がけて欲しいですね。
地力では絶対に勝っているんだから!
(もちろん戦術無視はダメよ)


僕は今から自分がフットボールをしに行くので、情報を遮断して帰ってからこの試合を観戦します。

頑張ってくれ!


WIN BY ALL!!