▼この記事を読むのにかかる時間/約5分
r
ちゃらーす☆

さて、決まりましたね、五輪出場が!

まあ、ボクは各年代別代表とかは精通していないので、毎回この最終予選で各選手を知るってスタンスでして。
決して詳しいわけではありませんが。

でもまあ、世界規模の大会への出場権が得られずに苦労した年代と聞きますから、喜びもひとしおでしょう。

そして、ジェフサポとしては、意外なほどに出場機会を与えられた⑳オナイウも頑張りましたから、帰ってくるのが待ち遠しい。

えー、ちなみに今回の記事ですが、試合の行方ばかりを気にして見ていた為、かなり簡単な部分しか見れておりません(^^;)
分析しようと思って見ていましたが、分析する上ではやってはいけない、"ボールを目で追う"見方をしてしまったので。。
まあ、見入っていたんだから仕方ない(笑)

ご了承下さい。
------------------------------------------------------------------------------------------------
【システムのマッチアップ】
myboard
青:日本/赤:イラク

じゃん!
改良致しました。

各方面からのアドバイスを聞き入れて、手書きをやめてシステムツールを使ってみましたよ。
ボクは操作がすべてタブレットなので、マウスも使わず非常に操作が難しかったですが。。

ちょっとは見やすくなりましたかね?
システムは分析の上で半分を占めるんじゃないかってくらい大切なので、しっかりと抑えていただければと思います。
どこが数的優位で、どこがフリーになるのか。
しっかりと押さえておきましょう。


▼日本
4-4-2

日本の攻撃は基本的にトップ下のような中途半端な所を経由しない攻撃が中心なので、2トップのスタイルでトップ下は置きません。

といってもハイボールを蹴りまくるってものではなく、グラウンダーのくさびのパスを2トップの足元に届ける。
もしくはスペースに走らせるって形ですね。


▼イラク
4-2-3-1

現代フットボールのオーソドックス。

しかし、これはどちらかと言うと守備の時の基本システム。

鍵を握るのはトップ下に位置する➈で、この選手がちょっとフリーマン気味に動いてきます。
ほとんどセカンドトップに近い形で攻撃に絡んでくるので、捕まえるのに一苦労ですね。
------------------------------------------------------------------------------------------------

▼前半風上のイラクは後方でボールを持つと、最前線にロングフィード...
風が強く吹くピッチ上。
コイントスの結果、前半はイラクが風上に立ちます。

そしてその利を活かしてロングフィードを蹴ってきます。

最終ラインがボールを持つと、➈がすっと最前線に上がる。
さらに両サイドハーフもウィングの位置まで上がって、システムが

4-2-4

になる。
日本の最終ラインに対して同数で攻め込んできます。

しかし、日本もやりづらそうではありましたが、この競り合いにはしっかりと対応していました。


▼日本の徹底された最終ラインの押し上げ...
ロングボールが蹴られる事はわかっていた日本。

最終ラインの上げ下げの調整を細かく行う事で、いくつものオフサイドをとって局面局面を凌ぎます。

この最終ラインの上げ下げはこの試合に限らず、今大会ずっと見せているもので、相手がボールを下げたら上げる事を徹底しています。

相手が最終ライン、もしくはGKまでボールを下げた時はもちろんですが、凄いのが、相手が3mくらいボールを下げた時も一瞬ラインを押し上げる。

イラクの攻撃パターンの一つに、"下げたボールをダイレクトで蹴り込んでくる"というのがありましたから、これは非常に有効な対応になりました。


☆ 26分 日本得点:1-0
そして待望の先制点。
左サイド自陣でボールを奪取すると素早くカウンターに転じる。➈鈴木がイーブンのボールを競り勝つと左サイドのスペースを独走。溜めて中央走り込んだ⑪久保にグラウンダーのクロス。これをスライディングで上手く合わせて先制。


▼日本の狙いが結実した得点だった...
日本が狙っていたのは左サイド。
相手⑰の裏のスペースでした。

右もある程度狙っていたと思いますが、➈鈴木のスピードもあって左サイドが中心だったかと思います。

日本はある程度攻め込まれても2トップが常に攻め残る形。
カウンターに備えてです。

そして、ボールを奪った瞬間にこの2トップがサイドに開いて、相手サイドバックの裏のスペースを取りに行く。
この形を徹底していました。

中盤から後ろの選手もタッチラインを舐めるようなインサイドに巻いたパスを蹴り込んでいました。

相手の⑰は特に攻撃に参加する機会が多く、後方に大きなスペースを残していましたから、➈鈴木が上手くこのスペースを狙っていました。
その結果として1点目が生まれた形ですね。

テグさん見事。


☆ 43分 イラク得点:1-1
イラクもこのままでは終わりませんでした。
前半終了間際、右コーナーキックからニアにワンバウンドのボールを送ると、これをニアの➈鈴木が後逸。GK櫛引が掻き出すも相手のヘディングシュート。これもGK櫛引が反応してなんとか凌ぎますが、さらにこのリバウンドを頭で押し込まれて同点。

このシーン。
GK櫛引は悔しかったと思います。

2本目のヘディングのセーブは、狙いとしては外にはじき出すつもりだったと思います。
セーブした直後のGK櫛引の目線を追うと、一瞬、後ろにボールが飛んでいるのを確認しようとしていましたから。

しかし手に残った感触は"手に当てすぎた"。
ボールは正面に弾かれ、相手に詰められる結果となりました。

最初に後逸した➈鈴木。
それから、2度も競り負けた守備にも問題がありますし。
GK櫛引にだって責任はあるかと思います。

まあ、よくある"みんなの責任"ってやつですね(^^;)


正直ここから先はあんまり分析出来てないです。
冒頭で書いたように、試合の行方だけを追っていたので(^^;)

ただし、2トップがサイドに開いて数的優位を作り出す事は終始徹底していました。
だから日本の攻撃はサイドからの攻撃、崩しが多かったと思います。
これは上手くはまっていました。


▼サイドからのフリーキックの対応に関して...
ちょっとこれだけは触れておきたいと思います。
前半30分。
自陣左サイドで相手のフリーキックを与えました。
まあ、与えてしまった事そのものは仕方ないとして。

問題視したいのは守備の選手の配置についてです。
image
壁は2枚。

ここは別に問題無いと思いますが、ニアにスペースを残しすぎていると思いますね。
見た瞬間に「自分ならニアのスペースに低いボールを蹴り込むだろうな」と思いました。

そしてそのままにニアに低いボールを蹴ってきました。
まあ、結果的に守れましたが、混戦から押し込まれてもおかしくない展開だったと思います。

あのゾーンは消しておかないと危険だと思います。
ボクなら一人"ストーン"をニアのスペースに立たせますね。

まあ、完全に個人的な見解です。


さて、締めは歓喜の瞬間ですね。

☆ 90分+ 日本得点:2-1
右サイドの裏のスペースに高くルーズなボールが送られると、途中出場の⑯浅野が泥臭く追いかけてマイボールに。⑱南野にスイッチするとファーサイドにクロス。これはGKがパンチングで凌ぐも、バイタルエリアでボールを拾った⑦原川がコントロールして、左足で強烈なボレー。見事な決定弾。


【まとめ】
イラクの度重なるロングフィードに対しては最終ラインがしっかりとラインの上げ下げを行い、攻撃においては2トップがサイドに開いてスペースを突き、数的優位を作り出す事でサイド攻撃を中心にチャンスを作り出しました。
------------------------------------------------------------------------------------------------

いやあ、お見事。
素晴らしいの一言ですよ。

まあ、こんな一言でしか表せないのが申し訳ないくらい(笑)

twitterでも書きましたが、最後にこのコメントについて。
勝利後の監督インタビュー。

テグさん
「今日は90分間で勝利するつもりでいました」

ありがとう。
日本のサラリーマンの味方です。
おかげで貴重な睡眠時間を確保して、ボクは今日も元気です。


メモメモ♪