▼この記事を読むのにかかる時間/約3分
無題
ちゃらーす☆

はてさて、開幕節を無事に?勝ち点3で終える事が出来た我らがジェフ千葉。

ボクのブログの性質上、基本的には冷静にゲームの中身を見ていく形ですが、さすがに開幕節となるといろいろと思うところもあるわけで。

これは分析記事とは別にしてupしたいと思います。


▼サポーターの熱量...
まずはなんといってもこれでしょう。

ゲームが始まる前のフラッグ登場の頃から、そのボルテージは凄まじいものがありました。
開幕節は全チームが1位なんですからね。

それ相応の応援を受ける事が出来るわけです。

しかしそれを差し引いても、結構凄い応援だったかと思います。

ボクは基本的には分析をする為に画面での観戦がメインですが、映像から伝わってくるものでも凄かったですよ。

そして「WIN BY ALL!!」のコール。

やっぱり良いですね。
徳島のサポーターはしきりに指笛とかブーイングしていたみたいですが、それほど相手からすると揃ってて迫力があって、不快な一体感なのでしょう。
喜ばしい事です。

特に最後逆転して「WIN BY ALL!!」が鳴り響いた時は、そりゃあ涙するわって感じで.

興奮して目も覚めますわ(笑)


▼選手個々人について...
さて、全体分析ではなかなか触れられない細かな選手に対する印象です。

・近藤
個人的には影のMVPですね。難しいクリアをコーナーではなくタッチラインに逃げたり、最後の最後での踏ん張りだったり、相当固いなと思いました。
ゲーム終盤での冷静さも含めて、勝者のメンタリティを持っている印象ですね。
助かります。

・阿部
やはりそのキックの精度はかなり高い。まだまだわからないですが、安定感なら中村太亮を凌ぎそうなくらい。
そして、以外と目立たない所で凄いのが、結構ヘディング強い。
飛んできたロングボールに対して、結構負けないんですね。
ここは明らかにストロングポイント。

・アランダ
基本的に全ての能力が高いですが、簡単に横パスを出さない。まずは一度中央のパスが可能かどうかを確認したうえで、それが無理な時に初めて横パスを選択する。
これは基本と言えば基本ですが、やはり外がフリーなら出したくなるものです。そこを簡単に出さないのは相手はやりづらいハズ。

・船山
ゴールこそ奪えなかったものの、ボールを受ける意識の高い選手。中盤での組み立ての時も常にボールを受けられる位置を取り、外で井出からボールが供給されなかった時にはかなり厳しく叱咤。ボールに対する当事者意識の高さはストライカーとして必要な要素。


▼NICEボールボーイ...
前々から思っていたのですが、ジェフのボールボーイって結構気が利く。
いつもどこかの高校生とか、フットボールクラブが担当するケースが多いけれど、ジェフボールに対しては供給が早く、相手に対しては少し遅い。
気のせいかな(笑)
それが良いかどうかは賛否あると思うけれど、個人的には好き。

開幕節では特に、出来るだけ早くボールが欲しいGK佐藤の要求にしっかりと応えていました。

優しい佐藤は絶対にボールボーイにも感謝の声をかけていたんじゃないかな。


▼交代選手3人から生まれた2得点...
これは素晴らしい事ですよね。
それは、監督の采配もそうですが、途中から出てきた選手が、「やってやろう!」って気持ちで入ってきた事。
当然ベンチスタートで満足しているハズもないですし、能力的にもスタメンで問題無い選手達。
そんな彼らが腐る事無く、むしろなんとかしたいという意欲を持っていた事に、良い競争と協力が垣間見えたなと思います。

競争は必ずチームを強くするし、必ず選手を成長させます。

選手たちはこの環境をチャンスだと捉えて精進して欲しいですね。


▼ちこさんは最高や....
やはり個人的にはピッチリポーターとしての能力はちこさん(野中さん)が最高ですね。
監督がメモを取るタイミングってのも、分析をしたいこちらとしては助かる情報。
監督がどんなポイントを気にしているのかがわかるから。

選手に対するインタビューも愛に溢れているから、ジェフのサポーターと同じ目線での質問をしてくれる。

てか普通にしゃべりが上手い。
ボクが偉そうに言っちゃいけないけれど(^^;)
聞きやすい。

今年も担当しててホッとした事の一つ。



さて、終了間際での失点癖、負け癖の染みついたこのクラブの暗雲をいきなり吹き飛ばしました。
失点どころか、得点どころか、逆転出来るチームになったなんて。。

開幕節でこのゲームが出来た事は本当に大きい。

今後の対戦相手は終了間際まで恐怖が付きまとうし、この日初めて観戦に訪れたサポーターも多いと思います。
初めての観戦がこの試合だったら、そりゃあハマるでしょ(笑)


とは言え、まだ1節終わったに過ぎなくて。
こんなのただのまぐれかもしれないわけで。

欧州選手の決まり文句で終わりたいと思います。


「どうなるか見てみよう」


WIN BY ALL!!