▼この記事を読むのにかかる時間/約5分
image 4
ちゃらーす☆

いやはや、敗戦の次の大事なゲームでしたが、勝ち点3を獲得する事が出来ました。
良きかな良きかな♪

さて、このトップ画は一体どのシーンでしょうか!

この日のヒーロー、⑪船山選手ですね。

まあ、ベンチコートを着ているので試合後って事はわかるでしょう。
そして、皆さん微笑ましくこの光景を見ていたと思います。

正解は、一人ででんぐり返しをさせられる恒例のいたずら行事にハメられた⑪船山選手が、まるで試合中に審判に抗議をするかの如くキャプテン㉓佐藤に詰め寄るシーンでした!

ほんと、めちゃくちゃ抗議してました(笑)

⑦勇人は指さして大笑いしてましたよ(笑)

では早速。
------------------------------------------------------------------------------------------------
【システムのマッチアップ】
【J2】VS横浜 分析
黄:ジェフ/白:横浜

▼ジェフ千葉
4-4-2

前節から変更してきたのは、まずは左サイド。
開幕2試合続けて先発だった⑧井出をベンチに置き、2試合連続ゴール中の⑩長澤を先発。

また、トップには➈エウトンに代わって⑱吉田。

前線での守備、それから攻撃時の機動力に関しては⑱吉田の方が優れていますから、そこに期待をしたのかもしれません。

守備的に臨んでくる事が予想される横浜は恐らくロングボールからのカウンターが多くなる。
だから、出来るだけフィードの精度を落とす為に前線からのチェイスが効く⑱吉田を投入する。

それから、予習編でも触れましたが、サイドの裏のスペースが空くので、そこに走らせて起点を作りたい意図もあったかもしれません。


▼横浜FC...
4-4-2

後ほど解説しますが、とにかくこの日は中央を絞ってサイドを空けてきました。
そうするとジェフがサイドからクロスを入れるシーンが増えるわけですが、そこで用意したのが④ハリロビッチかと思います。

2トップはやはり➈津田と㊴大久保。
高さ、強さのあるコンビ。

これは結果的にですが、良いセットプレーのキッカーである㉔松下がピッチにいなかったのは助かったかもしれません。
------------------------------------------------------------------------------------------------

▼とにかく中央を固く閉じる横浜...
これがこの日の徹底事項。
横浜はサイドをある程度捨てて、中央を固める策に出ました。

これによってジェフの2ボランチにボールが入らない。
image
左から右に攻めるジェフ(黄)。
横浜は青いラインの2FW+4MFで中央を固めます。

すると、赤枠のジェフ2ボランチ。
手前が⑥山本、中央が㉒アランダですが、中央が固められている為、2人とも追い出されるように中に入れません。
中に入ると囲まれるので。

とにかく徹底してくるこの横浜のブロックによって、ジェフの攻撃はボランチを経由しない形になります。


▼攻めあぐねるジェフ...
横浜はブロック最優先なので、全くボールを奪いに出てきません。
従って、基本的にはジェフがボールを保持し続けているわけですが、2ボランチを経由出来ずになかなかリズムが生まれません。

サイドが空いているのでサイドにボールを送るものの、横浜もスライドを徹底的にやってくるので局面は打開出来ない。
そこで、中央の縦パスを狙いますが...
image 2
左から右に攻めるジェフ。
最終ラインの③近藤から縦パスを狙いますが、これは横浜が狙い通り。
赤枠の選手に×印の箇所でカットされます。


▼横浜の攻撃はとにかく右サイド...
上のシーンに続きます。
奪ったボールは...
image 3
すかさず右サイドの裏のスペースへ。
そう、㉗阿部の裏のスペースです。

関塚監督も試合後のコメントで言っていましたが、横浜は➈津田がとにかくこのエリアを狙っていて、流れてボールを引き出す。
そして中央で待ち構える㊴大久保の高さで仕留めに来ると。

この形を徹底します。

しかし、それでもジェフが崩れなかったのは、㉗阿部のカバーリングが③近藤だったから。
さすがの経験値。

このエリアで③近藤が対応するシーンをよく見かけたかと思いますが、冷静に処理していきます。


▼外は最小限の人数で攻め、中央に入る⑩長澤...
外のスペースが空くので、当然起点はそこに置く事になります。

しかし、スペースが空いている所に必要以上に人数をかける必要はありません。

そこで右のスペースは⑯小池。
左のスペースは㉗阿部が使います。

そして、本来左サイド起用の⑩長澤が中央のトップ下に入ってきて、少し変則的なシステムになります。
image 6
左から右に攻めるジェフ。
奥の青枠が㉗阿部。
そして中央の青枠が⑩長澤。
(何故急に青枠を使ったのかは自分でも謎 笑)

こうして⑩長澤がゴールに近い位置で仕事をする事によって、バイタルエリア付近での細かいパス&ゴーが生きてきて、徐々に良い形を作り始めます。


▼サイドチェンジから活路を見出す...
しかし、なかなかゴールが奪えないジェフ。
後半に入っても横浜の戦い方は変わらない。

そこで、徐々にサイドチェンジの回数を増やして揺さぶりをかけます。
image 1
右から左に攻めるジェフ。
横浜は中央に絞るので、逆サイドはガラ空き。
それでもスライドで対応してきますが、これで徐々にジェフのプレーエリアを高くしていきます。


☆ 66分 ジェフ得点:1-0
待望の先制点はサイドから。
波状攻撃で押し込むと、機を見て上がってきた右サイドの⑤多々良からドンピシャのクロスがファーサイドの⑪船山へ。これをダイレクトボレーで合わせて先制。

綺麗なゴール。
ゴール裏で見ていたサポーターは最高のアングルだったでしょう。


68分 横浜選手交代
㊴大久保⇒⑭イバ

ここで期待の大型外国人選手の投入です。
➈津田に代えて㊴大久保とのツインタワーという手もあったかと思いますが、選択したのは㊴大久保との交代。

右サイドで➈津田にボールを引き出させる策を変えたくなかったんですかね...?


しかし、この失点、交代を以てしても戦い方を変えない横浜。
得点が必要な状況にもかかわらずボールを奪いにきません。

横浜が動き始めたのはラスト5分くらいから。

ようやく⑭イバを起点にしたパワープレーに出ますが、関塚監督は⑥山本を下げて⑮冨澤。
高さを補強。

⑪船山を下げて⑦勇人を投入。

㉒アランダをアンカーに下げてシステムを4-1-4-1に。
このまま上手く時間を使って試合終了。

無失点勝利!


【まとめ】
横浜の中央固めによってジェフのボランチを経由出来ない事でリズムを作れずにいたが、⑩長澤が中央に絞って上手くボールを引き出す。
横浜は㉗阿部の裏を狙ってカウンターを仕掛けるも③近藤が上手く対処。
ジェフはサイドチェンジから活路を見出し先制点をあげると、横浜の大人しい試合運びもあってこのまま試合をクローズ。
------------------------------------------------------------------------------------------------

ようやく無失点に終える事が出来ましたね。
綺麗なゴールも見る事が出来てハッピーです。

⑯小池が惜しくも恩返し弾といかなかったのは残念ですが(笑)


さて、一喜一憂しない事!


WIN BY ALL!!