▼この記事を読むのにかかる時間/約1分
cached
ちゃらーす☆

さて、こんなニュースが飛び込んできました。

☆オードリー春日、2年連続でフィンスイミング日本代表に
http://www.excite.co.jp/News/reviewmov/20160318/E1458235897999.html

もともとボディビルの方でも活躍している春日。

まあ、人によってはその競技が軽んじられている、馬鹿にしていると憤慨する方もいらっしゃるのかもしれませんが。。

「そんなに簡単に日本代表になれると思われると遺憾だ」

とかね。

ボクは個人的には素晴らしい事だと思っています。
この記事の中にも出てきますが、競技人口が1.5倍になったそうですよ。

それって素晴らしい事じゃないですか。
春日がこの競技の社会的価値を引き上げたって事です。

ボクの言葉を使えば、

"フィンスイミングの世界とお笑いの世界が繋がった"

って事です。

もともとの世界の大きさで言えば、お笑いの世界の方が社会的価値は高いわけで。

フィンスイミングは知らないけれど、お笑い(オードリー春日)を知っている人は、ここでフィンスイミングの世界を認知する事が出来たわけですね。

少数だと思うけれど、逆もあると思います。

フィンスイミングを好きな人が、春日を通してお笑いを好きになるかもしれない。

どちらも大きなエネルギーです。


まあ、お笑い芸人がフットボール日本代表になる事は恐らく難しいので、このモデルケースをそのままフットボールに流用する事は出来ないかと思いますが、エンターテインメントとスポーツを結びつける一つの可能性として、非常に注目したいコンテンツですね。


それだけ(笑)


メモメモ♪