▼この記事を読むのにかかる時間/約5分
image 5
ちゃらーす☆

やったー!
勝ったー!!
(セルジオ風)

山雅相手にアウェイで勝利したのは大きいですねー。

終盤のパワープレーに耐えられずに苦い思いを重ねてきたジェフサポとしては皆さんヒヤヒヤだったと思います(笑)

今シーズンは今のところ、最後まで集中が途切れないですね。
まあ、"今のところ"と戒めておきましょう。

一喜一憂せずに。
------------------------------------------------------------------------------------------------
【システムのマッチアップ】
【J2】VS山雅 分析
赤:ジェフ/緑:山雅

▼ジェフ千葉
4-4-2

スタメンは前節と同様ですかね。
左サイドの⑩長澤と、トップの⑱吉田を継続して起用です。

⑩長澤は中央に入ってセカンドトップのような役割を担います。
左サイドのスペースは基本的に㉗阿部のもの。

右の⑯小池とバランスをとります。


▼松本山雅FC
3-3-1-3

なかなか特徴的なシステムです。
セントラルミッドフィルダーに入る⑮宮坂がもう少し2ボランチ気味に下がるかと思いましたが、結構高めの位置をキープしていました。

メンバーは前節同様です。
------------------------------------------------------------------------------------------------

▼互いに右サイドを中心とした攻撃...
立ち上がりの両チームは、共に右サイドを中心に攻撃に出ます。

ジェフは⑯小池。
山雅は③田中。

ただし、サイドにおけるシステムのバランスとしては、ジェフの方が安定している4-4-2。

一方の山雅は純粋なサイドのプレーヤーが1枚しかいないので、後方のスペースを空けやすい。

関塚監督としてはそのスペースを突きたい。
なので、開始10分を過ぎると、もっと左サイドを積極的に使うように指示を飛ばします。

それは、相手の③田中の裏のスペースを突く為ですね。
そしてそれは同時に、③田中の攻め上がりを抑制する効果にもなります。


それでも序盤のジェフは、あまり左サイドの攻撃は増えていかないまま時間が経過します。


▼ジェフはサイドを起点にボックス内にくさびをつける...
山雅はとにかく徹底して③田中がクロスを放り込みます。

これにはヒヤっとするシーンもありましたが、岡山にファーサイドのヘディングでやられて以降、ここを強化してきたジェフはしっかりと対応します。

一方のジェフは、高さよりも、ゴール前でくさびをつけるような攻撃。
image
左から右に攻めるジェフ(ピンク)
中央、サイドに限らず、最後の仕上げはボックス内にくさびを打つ事で打開を図ります。

しかし、それでも両チーム固い立ち上がりで、なかなかシュートの本数も増えていきません。


このサイド攻撃に加えて、ジェフは前半追い風だった事もあり、1本の裏へのパスで抜け出しを図ります。
image 3
左から右に攻めるジェフ。
しかし、やはり風に乗ったボールはFWの頭上を越え、直接GKまで流れるシーンが多く見受けられます。


▼この試合、前半のキーマンは⑪喜山...
キーマンというと少し大げさかもしれませんが。。

ジェフからすると、脅威というか、気をつけなくてはならないのが⑪喜山でした。

元々前線だったこの選手は、自らドリブルでボールを運ぶ事が出来ます。

ジェフは前半、中央の⑦武井、⑮宮坂に仕事をさせないように、2トップがいつも通り絞り気味で守備をしていましたが、そこで打開を図ってきたのが⑪喜山。

彼がボールを運ぶ事で、ジェフのマークがずらされます。
image 1
右から左に攻める山雅(緑)
赤枠、FWの⑱吉田は中央をやられないように守備をしているので、⑪喜山の前方には比較的スペースがある。
そこで、⑪喜山は自らボールを運びます。

すると⑱吉田の守備は間に合わず、ジェフのマークがずらされます。

さらに。
image 2
右サイド、画像奥の赤枠でボールを持つと、手前の赤枠、⑪喜山がスルスルとゴール前に侵入していきます。
ジェフとしては相手の最終ラインの選手が上がってくるので、マークを誰がつくのかが曖昧になります。

結果的にはやられませんでしたが、ちょっと気になるポイントです。


そして後半。

☆ 57分 ジェフ得点:0-1
右サイド、⑯小池のクロスに⑪船山がニアで飛び込むもブロックされる。このリバウンドがボックス内の⑥山本の目の前に跳ねてきて、これをダイレクトボレー。先制。

2戦連続のボレー弾ですね。


▼⑪喜山をチェックするよう指示...
得点後、関塚監督は⑪船山を呼びつけて、守備に関する修正の指示を出します。

それは恐らく、⑪喜山に対するチェックを⑱吉田に行わせる事。
image 4
左から右に攻める山雅。
少し見づらいですが、赤枠、⑪船山が画像奥の⑱吉田に、向こうサイドの守備に向かうように指示を出します。

ここから、⑱吉田を右のワイドに守備をさせ、⑪船山が中央を牽制するように修正を施します。


65分 山雅選手交代
⑦武井⇒㉔那須川

ジェフが前半から中央を固く閉ざしていた事で仕事が出来なかった⑦武井。
この日はほとんど効果的な縦パスを出す事が出来ませんでした。

そこに加えてジェフが⑪喜山をチェックし始めた事で、少し並びをいじります。

⑮宮坂をアンカーに下げ、⑥安藤をセントラルミッドフィルダーに。
㉔那須川を左に投入します。


この後、ジェフは⑦勇人を投入、山雅は㊳前田を投入。
そしてジェフは85分を回った所で⑪船山を下げて⑧井出を投入。

⑯小池を最終ラインに下げて5バックとし、⑧井出を右に加えた5-4-1で逃げ切りを図ります。


終盤は山雅のパワープレーに冷や汗をかきましたが集中を切らさず見事に逃げ切り。
しっかりと失点を0に抑えて今季初の連勝。

アウェイゲームをものにしました。


【まとめ】
序盤は両チーム右サイドを中心とした攻め。
敢えてか、中央の戦いを避け、サイドにボールを集める事で相手の心臓である⑦武井と⑮宮坂には仕事をさせず。
⑪喜山による攻め上がりでバランスを崩されるシーンがありましたが、そこは後半しっかりと修正。
終盤のパワープレーにも集中を切らさず、しっかりと逃げ切り。
------------------------------------------------------------------------------------------------

ジェフにとっての危険なシーンは前半終了間際のコーナーキックからのクロスバー直撃くらいなもので、全体的には安定して守れていました。

一番は、恐らく⑦武井、⑮宮坂に仕事をさせなかったから。
中央で効果的な縦パスを出したシーンはほとんどありませんでした。

サイドからのクロスに対しては準備を怠っていなかった事もあって、しっかりと跳ね返せました。

2戦連続のクリーンシートは素晴らしいですね。


⑪船山も恩返し弾はなりませんでしたか。。
ジェフは恩返し弾を喰らうのに喰らわせる事が出来ないですね(笑)

ま、勝てば良し。


WIN BY ALL!!