▼この記事を読むのにかかる時間/約5分
image 11
ちゃらーす☆

ちくしょー。。

これが率直な感想ですね。。
まあ、これに関してはジェフサポみんなの感想だと思います。

勝てる試合でしたね。

さて、私事ではございますが、相変わらずボクの使っているSurfaceが壊れがちなので、漫画喫茶でこの記事を作っています。
ボクは現在大変なストレスを感じながらこの記事を書いているので、早速分析のほうに進みたいと思います。
------------------------------------------------------------------------------------------------
【システムのマッチアップ】

準備中...

黄:ジェフ/白:群馬

▼ジェフ千葉
4-4-2

スタメンは前節と変更無しできましたね。
まあ、バランス取れていますしね。

事前の予習で触れた、⑪船山と⑯小池のスピードによる裏への突破に期待です。

それから先に触れておくと、ボクが分析したセレッソとジェフで大きく事なったのが、ジェフはサイドであまりボールをこねるような事はしなかったという点です。

セレッソはボールを細かく動かしていたので、サイドで群馬の守備に捕まる事が多く、その点では苦戦を強いられていましたが、ジェフはスカウティングもあってか、サイドで手数をかけすぎないようにしていました。

これが、引き分けながらもジェフが試合を優位に進められた一つのポイントかと思います。


▼ザスパクサツ群馬
4-4-2

システムはジェフと同じ形になりますので、所謂ミラーゲームって事になりますね。
この組み合わせだと両ボランチの距離が開く形になりますので、そこのケアをどうするのか。

群馬はサイドから角度をつけて簡単に前線に当てたあと、セカンドボールに対して二列目の選手がバイタルエリアに突っ込んでくる形を得意としますから、そこに注意ですね。
------------------------------------------------------------------------------------------------

▼ジェフの狙いは、やはりサイドの裏のスペース...
事前の予習編で触れた通り、やはりジェフの狙いはというと、サイドの裏のスペースへの飛び出しでした。

⑪船山を中心に、2トップがしきりに裏を狙う動きをします。
多少厳しくても積極的にボールを放っていきます。

群馬はやはり全体のラインは高く押し上げて、サイドに追い込んで奪いきるという守備戦術を敷いてくるので、裏には比較的スペースがあります。
image
右から左に攻めるジェフ(黄)
⑪船山が左サイドでボールを引き出します。

これはもはやジェフの得意な形になりつつありますが、⑪船山は左サイドに流れてボールを引き出す事が多いです。
しかし、すると中央が手薄になる。
そこで登場するのが⑩長澤です。
image 8
右から左に攻めるジェフ。
⑪船山が左サイドに開いてボールを持つと、中央を猛然と駆け上がってくるのが⑩長澤。

中央で仕事の出来る⑩長澤がいる事で、⑪船山が外に流れても攻撃が完結出来ます。


▼裏を積極的に狙うのは群馬も同じ...
この試合、群馬の攻撃における狙いもジェフと同様サイドの裏のスペースでした。
image 2
左から右に攻める群馬(白)
左サイドのスペースに対して簡単にボールを蹴り込みます。

この攻撃は、右でも左でも積極的に狙ってきました。

ただし、前線でボールを持ったあとの攻撃面でのクオリティではジェフに分がある。
敵陣でのプレー時間が増えるジェフが徐々に試合のペースを握り始めます。


▼加えてジェフが狙うは対角線のフィード...
これもセレッソが狙って効果を発揮していたプレーになります。
対角線のフィードに対してあまり良い対応をしていない群馬。

ジェフも攻撃が遅攻になった際には、この対角線のフィードを使います。
image 5
これで中央に送ります。
しかし、中央には⑱吉田がいるとはいえ、空中戦は群馬に分がある。

そこで、この日の前半、存在感を発揮していたのがボランチに入る㉒アランダ。
image 4
この日は㉒アランダがゴール前に顔を出す回数がいつもより多かったと思います。
みなさんも、「アランダめっちゃシュート打つやん!」って思ったんじゃないでしょうか。
群馬のお株を奪うかのごとく、積極的にフィニッシュに絡んでいきます。


ただし、この攻撃が得意なのは群馬も同様。
image 7
左から右に攻める群馬。
右サイドからクロスを放り込んで、赤枠で競り合う。

ジェフがバイタルエリアを空けようものなら二列目の選手が侵入して...
image 6
すかさずミドルシュートを放ってきます。

とはいえ、群馬にはほとんど脅威となるようなシーンを作らせないまま、前半を折り返します。


▼後半に戦い方を変える...
ジェフは前半こそ再三のロングフィードからチャンスを演出していましたが、後半は一変して細かいパスワークを発揮し始めます。

一方の群馬は、戦い方のベースは変えませんが、よりシンプルに攻撃を仕掛けてくるようになります。
image 10
右から左に攻める群馬。
右サイド、この位置でボールを持つと、ここから早めにクロス。
まったくサイドをえぐってきません。

不必要に手数をかけず、あまり前がかりにならないように攻撃。
恐らくアウェイという事もあり、2連敗中という事もあり、引き分けは頭の中に描いていたと思います。


また、これに関しては定かではありませんが、㉔イジュヨンの所を狙っている感もありました。
image 9
右から左に攻める群馬。
左サイド、㉔イジュヨンの頭を越すようなボールを狙ったプレーが立て続けにありました。

まあ、確かに③近藤を崩すのは容易ではないですからね...


▼ジェフにブーストをかけた⑧井出遥也...
後半、ロングボールを封印してからのジェフはというと、前半ほどの勢いは失ってしまったかと思います。
しかし、ここで違いを生み出したのがジェフの生え抜き⑧井出遥也。
スタメンを⑩長澤に譲っていたこの若武者は、気合いに満ち溢れてピッチに入ります。

独特のリズムでボールを運び、常にゴールを意識した鋭いパス。
そしてとにかく動く、動く、動く。

パス&ゴーの繰り返しに、群馬の守備は掻き乱されていきます。

 しかし、再三のチャンスを演出しても1点が遠く、結局はスコアレスドロー。
 3連勝とは行きませんでした。


 【まとめ】
両チーム共にロングボール中心の攻撃で立ち上がり。
そのクオリティの差でジェフが主導権を握る。
 ⑩長澤、㉒アランダが中央に侵入する事でゴールを脅かす。
後半に入り、⑧井出が違いを生み出し再三のチャンスを演出するも届かず。
 ------------------------------------------------------------------------------------------------

良いゲームだったんですけれどねー。

細かい修正はあると思いますが、そこまで悲観する必要は無いかなと個人的には思っています。

 決定力不足?

ボクはそのチープな言葉はキライなので使いません。

 はい、次。


WIN BY ALL!!