▼この記事を読むのにかかる時間/約3分
i320
ちゃらーす☆

はてさて、今回もフットボールとは直接的には関係の無い記事ですが。

フットボールに人を呼ぶ、スタジアムに人を呼ぶって事を考えた時に、どこから人を呼んでくるかって事をやはり考えなくてはなりません。

世の中の皆さんの休日の過ごし方を見てみると、家から出ないって人が結構数いるんですよね(^^;)
だらっと家で過ごして、夜だけ飲みに出かけるとか。

例えば、suumoジャーナルではこんな調査をしています。

-------------------------------
・suumo ジャーナル
~40代シングル300人に聞いた!休日の過ごし方ランキング~

Q.休日はどんなことをして過ごすことが多いですか?

1位:とにかく家でゆっくりする(56.0%)
2位:平日にできない家の掃除や家事をする(52.0%)
3位:家でテレビ・録画番組などを見る(45.7%)
4位:買い物(服など)をする(37.3%)
5位:とにかくたくさん寝る(34.7%)
6位:読書や映画などを楽しむ(32.3%)
7位:友人と会う(28.3%)
8位:旅行に出かける(25.7%)
9位:食事やお酒を楽しむ(家で)(18.7%)
10位:特に目的なくひとりで街に出かける(17.0%)

http://suumo.jp/journal/2015/09/04/96884/
------------------------------

調査結果は、ほとんどの人が家で過ごしていると出ています。
もちろん、一つの調査例ですし、あくまで40代でしかないんですが、他を見てもやはり家で過ごす方は多いみたいですね。


で、こういった家から出ない人たちをいかにして外に引っ張り出すかっていうのは現代の課題でもあると思っているわけです。
ネットを使えば家で何でも出来てしまう時代なので...


そして、そんな課題に対して若干切り込んでいるなと思ったのが今回扱うカラオケ。
面白い進化を遂げているのでちょっと紹介したいと思います。


▼もっと手軽に気軽に...
なんかこう、ストレスが溜まったり、ちょっとムカつく事があったりして、叫びたい、気持ちよく歌いたいなんて衝動に駆られる事は誰にでもあることでしょう。

しかし、

「1時間は疲れるわ!」
「1曲だけで良いんだけれど...」

なんて事、ありますよね。

そんなあなたに!
ゲームセンターで、1曲単位でカラオケはいかがでしょう!
(別に代理販売の者ではございません)

・ちょいKARA
amusement_26
詳細
https://www.taito.co.jp/arc/choikara

ででーん!
これはタイトーさんが出している、ゲームセンター用のカラオケBOX.
1曲100円からで歌える、本当にちょいとカラオケ出来ちゃうマシーン。

素敵ですね。

ほんのちょっとの時間を潰すにも良いですし、それこそ1曲だけ歌いたい、町で聞いたあの曲が耳から離れないなど、痒い所に手が届く感!

どれだけ認知が進んでいるのかはわからないのですが、悪く無いと思います。


なれないうちはなかなかここに入っていくのに勇気がいるかもしれませんが、アイディアは面白いですねー。



▼もはや歌わない...
そして、実際のカラオケルームの方も進化を遂げていますよ。

歌う時に、ステージとか、アーティストみたいに歌って見たいとは誰しもが思うじゃないですか。
そんな臨場感も、現代のテクノロジーをもってすればお手の物です。

・デュアルモニターカラオケ
77d12025c7876eae79471736de7bebef
今やカラオケの映像は、画面ではなく、壁に映す時代。
部屋の角を使えば画像のように、より立体感と臨場感を出す事も可能です。

良い感じですねー。
全国の各カラオケ店に設置してあるようですよ。
※設置してある店舗は限られているのでよく調べてから行きましょう。

こんな具合にLIVE感を体感しながら歌う事が可能になっているわけですけれど、プロジェクターを使ったこのカラオケの新スタイルも、様々な使い方を生み出しているらしいのです。

その一つが、"鑑賞"。

どうやらこの部屋を使って、アーティストのPVを鑑賞する、鑑賞会のようなものも催されているようです。

ルームによってではありますが、自前でDVDを持ち込む事も可能だったりするみたいです。

好きなアーティストのオフ会的なものを開催し、DVDをしっかりと見たあとにカラオケを楽しむ事も出来る。
大人気、"おそ松さん"のDVDを鑑賞する会なんかも催されているんだとか。。

まあ、カラオケルームですから、ギャーギャー騒いだ所で、お隣さんに怒られる事も無いですし、確かに需要はある...

単純にカラオケ自体をリッチにする事に留まらず、可能性が広がっている...

面白い。


▼家にこもっている人を引きずり出す可能性...
ここにボクは大きな可能性と価値を感じているわけです。
だから記事にしました。

従来は家でじっくりDVDを見るとか、集まって鑑賞会をするとか。
そんな具合で楽しんでいたと思います。

しかし、この新しいカラオケルームの使い方が登場し、家で引きこもっている人たちを外に引きずり出す可能性が生まれたと思うわけです。

確かに、カラオケルームという特性上、個室だからこそ可能なんだって言えばそうなんですけれど、それでも休日は家で過ごすような人を外に連れ出す事は容易ではないハズです。


"家で楽しめるコンテンツを、外でより楽しめる"


これは大きな可能性です。

フットボールでもこれが出来ないかと考えると少しワクワクしてきます。

例えば...

"フットボールゲームを、スタジアムでやるとめちゃくちゃ面白い"

そんなコンテンツが登場したら。。
スタジアムにゲームをプレイ出来るブースを設けます。
そして、スタジアムのブースでしかプレー出来ない、なんか面白い要素を加えるわけです。

その要素を何にするかは無限大ですよね。
みんなで自由に考えたら良いと思います。
(相変わらず無責任)


休日を家で過ごす人をどうやってスタジアムに連れてくるのか。


この課題に対する施策は、まだまだ先のステップかもしれませんが、良いものには乗っかって、パクっていきたいですね(笑)


メモメモ♪