▼この記事を読むのにかかる時間/約5分
20160501_085554
ちゃらーす☆

...ぐはっ。

何とも言い難い試合になってしまいましたね。。

GW初日からメンタル面のコンディションが。。
多くのジェフサポがフラストレーションを感じた事でしょう。

まあ、ボクもそうですよ(^^;)
前節の反省点が解決されていないとなるとさすがにね。。

ただ、そんな目をつむりたくなる内容でも、頑張って分析記事を書きますよ。
GW中で、時間を見つけるのは大変だけれど、書きますよ。

たとえこの記事を書いている現在、大注目のレスターVSマンチェスターユナイテッドの試合がやっていても、頑張って書きます。
(この点に関しては褒めてくれ 笑)

なんて愚痴はこの辺にして、サクッと分析しちゃいましょう。
------------------------------------------------------------------------------------------------
【システムのマッチアップ】
【J2】第10節 分析
黄:ジェフ/青:水戸

▼ジェフ千葉
4-4-2

けが人が増えている状況でも、システム自体は変えてきませんでしたね。
まあ、この辺は予想通り。

しかし、ここまでメンバーの変更をしたのは以外でした。

まずは右SB。
⑤多々良に代えて⑰大久保が初出場。
(⑤多々良は怪我?よくわからん)

さらに、注目のアランダに代わるボランチは⑧井出が担当。
ここはトレーニングで臨んでいた起用ですね。

そして、右サイドには⑭町田。
個人的にはもっと頑張ってほしい選手。

最後にトップに一番のサプライズかも。
不動だった⑪船山に代えて⑱吉田と⑨エウトンの2トップ。

大きくメンバーを変更して臨みます。

個人的には⑧井出に注目していましたが、ボランチの頭を超すボールばかり蹴ってしまったので、なかなか⑧井出を経由出来ず、彼のストロングを出しづらそう。


▼水戸ホーリーホック
4-2-3-1

前節と同様のメンバー。
トップ下でアクセントをつける⑩船谷と、左サイドからドリブルで切り込んでくる⑰湯澤が厄介。
------------------------------------------------------------------------------------------------

☆5分 水戸得点:0-1
予習編でも触れた、注意すべき左コーナーキックからニアサイドへのボール。これを㉚ソンに合わせられ早々に失点。

スカウティングをしていれば、水戸のコーナーキックは基本的にニアに蹴ってくる事はわかっていたハズ。
気づいていなかったのか、気づいても防げなかったのか。
いきなり試合を難しくします。


▼左サイドを中心としたロングフィードで攻めるジェフ...
この日も基本的な戦い方はロングフィードから。
それでも敵陣でのパス数や成功率は上位を誇るジェフ。

特に立ち上がりは左サイドの裏のスペースを目がけてボールを送ります。
(この辺は、前節水戸が対戦したヴェルディと同様の作戦ですね)
20160501_083347
右から左に攻めるジェフ(ピンク)
右下の赤枠でボールを持つと、最前線の青枠⑭町田が左サイド目がけてスプリント。
ボールを引き出します。

右サイドに入る⑭町田もこのサイドの裏を狙います。
20160501_083652
同様のボールの引き出しは⑱吉田も得意とする所。
同じようにスプリントを仕掛けます。


▼高い水戸のボランチ。しかし、ジェフは前節の反省を生かせず...
ジェフの前節の反省点として、予習編でも注目のポイントとして挙げていた、"セカンドボール"。
結局、この試合でもその問題点は解消されませんでした。

水戸は前からプレスをかけて、ボランチも高い位置まで押し上げてショートカウンターに持ち込むスタイル。
20160501_083525
右から左に攻めるジェフ。
右下、赤枠でロングフィードの構え。
この時、水戸の中盤のラインはジェフの陣地に入って高い位置を取っています。

ジェフはこのハイプレスに弱い。
これをかわす練習をしているとは思えません。
20160501_084038
右から左に攻めるジェフ。
赤枠の水戸の⑩船谷ですが、守備時に常に首を振って、ジェフのボランチの位置を確認しているんです。
そして、ジェフがボランチにパスを通せないように誘導している。
2トップの間を抜かれないように距離間を考えます。

これによって、ジェフは最終ラインでぐだぐだとパスを横に流す。
すると、水戸のボランチも押し上げて、徐々にジェフにプレッシャーがかかっていく。
20160501_083941
SBの所で手詰まりになる。
ここで、中央を使えればよいのに、ロングフィードを蹴る戦術を取っているせいか、すぐに下げて前線に蹴りだしてしまう。

ここでロングフィードにチームとして備えていれば問題ない。
しかし、ジェフはロングフィードに対する準備がそもそも出来ていない。
20160501_084457
右から左に攻めるジェフ。
右サイド、赤枠でロングフィードの構え。
しかし、この時ジェフの両サイドの選手は青枠2つ。
(ちなみにボランチはもっと後方)

こんな状況でセカンドボールが拾えるはずもなく。。
結局は敵のボールになってしまう事の繰り返し。

前節の反省点はまるで改善されていませんでした。


▼ボランチで前を向ければ。人数をしっかりかけられれば...
まずは、ボランチの位置に上手くボールをつける事が出来て、さらに前を向く事が出来れば、局面はぐっと変える事が出来ます。
20160501_084821
右から左に攻めるジェフ。
赤枠、⑩長澤がこの位置まで下がってきてビルドアップをヘルプ。
前を向けた事で、サイドに斜めのパスを送る事が出来、相手の2トップの脇を抜ける事が出来ます。


また、ゴール前においても、しっかりと人数をかける事が出来ればチャンスは作り出せる。
20160501_084308
右から左に攻めるジェフ。
2トップ+両サイドハーフ+⑧井出+㉗阿部。

これだけ人数をかけられれば、細かいパスワークでは上回れるし、数的なずれも生じさせることが出来る。


▼後半から若干の修正...
後半に入って、監督の指示なのか、少し対応が良くなります。
20160501_085004
左から右に攻めるジェフ。
自陣深くで相手を引き付けると、ロングフィードを送る。
すると、画像でわかるように、相手のボランチは前ではめようとしているので、
その後方にはスペースが大きく広がっている。

この位置で前を向いてプレーする事で一気に相手の懐に入っていきます。


また、フィードの送り方も。
ただ単純に前線に送るより、相手をある程度引きつけて送った方が良い。
20160501_085215
左から右に攻めるジェフ。
画像赤枠の⑭町田が落ちてきて相手のサイドハーフを連れてくる。
青枠の㉗阿部も開いて相手のSBを引きつける。

水戸は守備が前傾の為、これで上手く食いつき、そのSBの裏に生まれたスペースへフィードを送れば、効果的なパスになる。


しかし、何度かこういった形が見られるようになったものの、全体的にはやはりセカンドボールが拾えない/拾える形になっていないのにロングフィード中心の戦い方をとって、結局は無得点。

いつも通り惜しい所までいっても点は奪えない。

大敗した山口戦に引き続いて連敗です。


【まとめ】
ロングフィードを中心としたいつもの立ち上がり。しかし早々にセットプレーから失点。
水戸の連動した2トップを始めとしたプレスに苦戦し、中盤は降りてボールを受けたがるものの、結局は前線に長いボールを送る事になるため、中盤のセカンドボールに反応できる人数が足りていない。
攻撃は単発に終わり、厚みはない。
降りて受けたいタイプの⑩長澤と⑭町田、⑧井出を起用しているものの、ロングフィードを使ってボールが頭を越えていく為、2トップと中盤が間延びを引き起こして前節の反省は生かせず。
------------------------------------------------------------------------------------------------

何度も言いますが、ボクはロングフィード中心の戦術に対して否定的ではありません。
しかし、ロングフィードを蹴るものの、それを拾うタイプが少ない。

ロングフィードで攻めたいなら、サイドハーフはあまり降りてくるべきではない。

それから、ビルドアップに問題がありすぎる。
まったく相手の守備を掻い潜れない。
GK佐藤がいながら、そこをビルドアップに加える形は持ち合わせていない。
局面で個人的にスキルを見せるに留まっている。

そして、厳しい事を言うようですが、普段のベンチの選手とスタメンの選手に差が感じられます。

これは選手のせいではなく、使ってもらっていないから。
これだけのメンツがいて、もっと競争によるベースアップに努めて欲しいと個人的には感じます。

まあ、嘆いても仕方ない。

ボクらが気づいている事をプロが気づいていないとは思えないですし。

すぐに次節の予習に入ろう。


WIN BY ALL!!