▼この記事を読むのにかかる時間/約5分
image
ちゃらーす☆

さて、少し前にボクにしては珍しく、ライトな記事を書いてみましたので、そちらも是非ご覧ください。

かなり注目度の高い試合になりそうですね。
ジェフは咬ませ犬にならないように気を付けないと。。

そして、対戦相手の熊本ですが、いかんせん分析しようにもデータが古い。。
今回の対戦にあたって分析した資料は6節と7節。
最後の試合がそこまでさかのぼらないといけなかったってことです。

トップ画は⑩清武。
彼、かなり調子がよかったみたいなんですが、めっちゃ上手いです。
熊本との試合では、ほとんど彼を注目して欲しいくらい。

そして、私事ではございますが、本日この記事から、タブレットが刷新されております。
新しくて気持ちが良い反面、今まで出来ていた編集のやり方から色々と変わっているので、むしろイライラしています(笑)

ってことで、とっとと分析に行きます。
---------------------------------------------------------------------
【熊本の前節のシステム】
【J2】第13節 予習
4-4-2

2節分のデータが入っています。
ボランチのところが結構を人を入れ替えてくるので、ちょっと読めないですね。

それから、トップに㊱巻の名前が入っていないんですが、全然可能性ありです。
途中出場の可能性が高いので入っていないだけです。

正直、㊱巻が最前線に入っているときのほうが怖さがあります。
熊本の攻撃は基本的にカウンターなので、後方に人数を残します。

長いボールを前線に送ることが多いわけですが、㊱巻がいると高さでの勝率がぐんと上がりますし、そのセカンドボールを⑩清武が拾うものなら一気にチャンスメイクしてきます。

守備面でのチェイシングにも慣れていますので、やりづらいですね。

▼攻撃
・まず第一に目指すはカウンター。最前線の選手が常に狙っているし、ボールホルダーも常に最前線を見ている。
image 5
左から右に攻める熊本(赤)
青枠でボールを持つと、最前線の赤枠⑩清武が裏を指さしてボールを要求。
最終ラインの裏を突いてくる。

・最前線の選手の動き、ボールの引き出し方には常に注意が必要。
裏だけでなく、空いているスペースに常に移動して、奪ったボールをすぐに受けられるように準備。
image 6
左から右に攻める熊本。
赤枠、FWの⑪平繁がこの位置でボールを引き出す。
一番前に張っているだけではなく、空いているスペースを常に探している。

・⑩清武にボールが収まると、一気に押し寄せる。
image 7
左から右に攻める熊本。
赤枠、⑩清武がボールを持つと、2列目から一斉に選手が飛び出してくる(青枠)
⑩清武のボールキープ力が優れているので、ここが一つ攻撃のスイッチ。

▼守備
・じっくりと引いて構えて、相手がボールを下げると一気に全体を押し上げ。1人目がチェイスに向かうと連動して人数をかける。
image 2
右から左に攻める山口(グレー)
山口がボールを下げた瞬間、一気にチェイス開始。
image 4
すると2列目の選手が一気に前傾になってパスカット。
勢いそのままにカウンター発動。
---------------------------------------------------------------------
【対応】
▼システム
myboard
黄:ジェフ/赤:熊本

正直ジェフのメンバーもだいぶ読めません(^_^;)
というか、けが人の具合がよくわからないので...

⑥山本はおそらく復帰してくると思うので、入るでしょう。
その相棒のボランチが誰になるのか。

それぞれのケガの具合がボクは知らないので、取り合えず⑳若狭にしておきます(笑)

⑧井出はジェフの攻撃を牽引しているので是非出てほしい所。
相性が良い⑭町田と中盤を構成してほしいですね。

⑩長澤の調子がなかなか上がってこないので、ベンチスタートで。

トップに関しては、⑱吉田を迷う所ですが、途中出場で空気を変えられる貴重な選手なので、そこに期待したい。

▼守備の注目点
・まず、とにかく⑩清武には目を見張っている事。
ジェフが攻撃をしている時でも、⑩清武がどの位置にいて、誰がチェックしているのかははっきりさせる必要あり。

・裏を狙った動きを入れてくるので、CB2枚の互いのカバーリングが重要になる。1人が裏を取られた時のもう一人のCBがしっかりとケアできているかどうか。


▼攻撃の注目点
・一つ言えるのは、熊本は守備意識が高いこともあって、ボールへの食いつきが非常に良いという事。
したがって、つり出して空いたスペースを使う事は有効。
image 1
右から左に攻める山口(グレー)
山口の得点シーン。
中盤で細かくパスを回すと相手のボランチが食いついて、バイタルエリアが空く。
そこに縦パスが入って、ドリブルで侵入して放ったミドルシュートから得点が生まれた。
image 13
左から右に攻める清水(白)
今度は清水の得点シーン。
右サイド、後方からの縦パスを下がって引き出すと、熊本のディフェンスがつり出される。
そのボールをフリックした事でポッカリ空いたスペースに侵入する。
ここからサイドを攻略して得点。

引き出して空いたスペースを有効活用出来るかどうかは注目したい。

・ビルドアップは引き続き注目ポイント。
熊本はジェフの苦手なハイプレスを仕掛けてくる。そこに捕まるようだと一気に飲まれかねない。
ここでは、清水のビルドアップの手本を紹介する。
image 12
左から右に攻める清水(白)
左SBがボールを持つと、熊本は中央をカットしながら寄せてくる。
この時、清水に中央を使われないように、熊本ボランチの選手が画像右端で狙って高めの位置取り。
image 8
清水は中央を使わずに縦につける。
先ほどのシーンで熊本ボランチが高い位置を取っていたことで、その後方、中央にスペースが生じている。
image 10
清水はこのスペースにボランチが戻る前にボールを入れる。
ここでボールウォッチャーになったディフェンス陣の裏へ左サイドの選手が飛び出す事で攻略。

とにかく、相手のボランチの選手の位置取りによって、必ずスペースが生まれるので、そこを上手く使う事。


【まとめ】
守備においては、⑩清武を捕まえておく事。裏を取られない事。
攻撃においては、まずは相手のボランチの位置取りに注目する事。それでどこにスペースが生まれるのか。
熊本のプレスをビルドアップでかわせるのかどうか。
そして、相手のボールへの食いつきを利用して、空いたスペースを活用出来ているかどうか。
---------------------------------------------------------------------

はてさて、戦術的な事をつらつらと書いてきましたが、単純に楽しみな一戦ですね。
ボクも現地観戦しようかと思っています。

お昼頃まで西東京にいるのでしんどいですけれど(^_^;)

KY作戦でいきましょう!笑


WIN BY ALL!!