▼この記事を読むのにかかる時間/約5分
image 2
ちゃらーす☆

開始早々に2得点をあげて、久しぶりに楽な試合展開に持っていけると思いきや、いつものひやひや展開に...
いつもメンタルを追い込んでくるジェフ千葉です(笑)

それにしても、このトップ画を見てください。
⑧井出のゴールに嬉しそうな兄貴の笑顔!

きっとかわいがってるんだろーなー(笑)
---------------------------------------------------------------------
【システムのマッチアップ】
myboard
黄:ジェフ/緑/岐阜

▼ジェフ千葉
4-4-2

前節と全く同じメンバーで臨みました。
てっきり、また若干メンバーを動かすかと思いましたが。。

まあ、それだけこの布陣には可能性が感じられるますからね。

特に⑨エウトンのコンディションが上がってきて、攻撃の起点として全体が上手く回るきっかけになっていますね。


▼FC岐阜
4-2-3-1

前節からはシステムを変更してきました。
前節はブラジル人2トップを並べていましたが。

トップの⑩ロシャが累積で出場停止だったとか。
完全に抜けていた。。
------------------------------------------------------------------------------------------------

☆5分 ジェフ得点:1-0
開始早々にゴールをあげます。
右サイドから中央の⑩長澤へボールが渡ると、そのまま中央をドリブルで進撃。左サイドを駆け上がってきた⑪船山に展開すると、ニアへのクロスに⑨エウトンが頭で合わせて先制。

この得点にも見えますが、岐阜の2ボランチの後方のスペースが序盤のカギを握りました。
image
左から右に攻めるジェフ(黄)
右から中央の⑩長澤にボールが入った時に、ぽっかりとスペースが空いています。
岐阜の2ボランチのボールへの食いつきが良かった為、その後方にはスペースがありました。
そこへ、サイドから角度をつけて入れる事で侵入していきます。


☆10分 ジェフ得点:2-0
さらに追加点。
中盤の球際をジェフが制すると、またも相手2ボランチの後方のスペースへ侵入。
image 1
この中央で受けた⑨エウトンから右の⑧井出に展開すると、ゴール前、キックフェイントでディフェンスをはがし、体を一度開いてニアに打つと見せかけてGKを倒し、冷静に逆をついてサイドネットへ流し込み追加点。

待望の⑧井出の今季初ゴールで早くも複数得点を手にします。


岐阜はこの最終ラインの前方のスペースが空いている事で、ジェフが⑨エウトンを中心にくさびを打ち込みます。
image 6
高めのポジションをとって、ボールへ食いつき気味の岐阜2ボランチに対して、中央からサイドへ展開、空いた赤枠のスペースへボールを入れて、⑨エウトンが収める。

この形で序盤はジェフが主導権を握ります。


▼ベースをパスワーク。オプションにロングボール...
このミックスがジェフの良いリズムを生み出します。
今までのロングボール中心とは異なり、パスワークの方をベースに置いた事で、全体がコンパクトに。
そこへオプションとしてロングフィードを使う事で、全体のバランスを崩すことなく攻守に移行出来るようになりました。
image 3
左から右に攻めるジェフ。
後方からロングフィード。
ベースをパスワークに置いているので相手も前がかりに食いつき、そこへすかさずロングボール。
相手の中盤のプレスバックが間に合っていないのがわかりますね。
これで、2列目に落として前を向いて仕掛けられる形になります。



▼後半からの岐阜の反撃...
岐阜は後半から、㉙鈴木に代えて㊱瀧谷を投入。
明確なターゲットマンを加え、さらに、右サイドの圧力を強めます。
image 4
左から右に攻める岐阜(水色)
最終ライン、CBが大きく開いて、右SBの⑰野垣内を高い位置へ。
赤枠、⑰野垣内と㉞田中の距離を近くします。
とにかく岐阜の中で脅威になり続けたのは⑥高地と、やはり㉞田中。
右サイドで、㉞田中をシンプルに使い、仕掛ける事で、徐々にジェフのブロックを下げ始めます。
image 5
左から右に攻める岐阜。
この位置のボールホルダーに対してジェフはプレスに行けない事が多くなり、前に出づらくなっていきます。

そして、セカンドボールは徐々に拾えなくなり、ボールを奪っても前に向かう推進力が足りず、苦しい展開に。。


63分 ⑭町田→⑳若狭
※⑩長澤をトップに上げ、⑳若狭ボランチ。

67分 ⑧井出→④北爪

75分 ⑨エウトン→⑱吉田


▼⑥山本の判断が生み出した立て直し...
いつ2点目を決められてしまうのかとひやひやする展開が続きましたが、あるプレーが一つのポイントになったと個人的に感じたシーンがありました。
image 7
右から左に攻めるジェフ。
自陣からなかなか前に出れない時間帯が続いたあと、なんとかボールを前に運びたいシーンで動いたのは⑥山本。
右サイドで捕まりそうになった所を、咄嗟の判断で裏のスペースを見つけ、後方を空けるリスクを背負って前に。
結果として高い位置でボールを拾った⑥山本が前線で時間を作り、全体を一つ前に押し上げ。

一つボールをアタッキングサードに運べた事で全体を押し上げる事が出来、再び相手を敵陣に押し返しました。

守備的に立ち回っていた⑥山本が見せたこの咄嗟の判断は大きかったと思います。


☆ 83分 ジェフ得点:3-1
右サイド、⑱吉田がドリブルで仕掛けるとそのままカットイン。中央、バイタルエリアで待つ⑩長澤へ。
一度背負って体をぶつけて相手をひるませると、そのまま反転してシュート。強力なシュートはGKの手を弾いてゴールへ。

ここでも素晴らしいフィジカルを見せましたね。

☆ 85分 岐阜得点:3-2
左コーナーキックから。クロスを弾くとセカンドボールを中盤で拾われ、そのままスルーパス。⑥高地が抜け出て冷静に流し込んで得点。


すぐに1点差に迫られ、油断できない展開になりましたが、最後は㉗阿部を左サイドハーフに上げ、左SBに④北爪を下げる。⑪船山を右サイドへ。
左サイドの守備を強化。
 
なんとか逃げ切り2連勝です。


【まとめ】
前半は上手く相手ボランチの後方のスペースを突く事で試合を支配。特に⑨エウトンのコンディションが良く、連動した攻撃が展開されていました。
後半に入ると岐阜の攻撃がはっきりした事もあって、次第にジェフが自陣に押し込められ、セカンドボールを拾えず、攻撃にシフトする事も難しい展開に。
それでも悪いなりに押し返したジェフが連勝を飾りました。
------------------------------------------------------------------------------------------------

とにかく、まずは勝ててよかった。

連勝。

そして、点を取ってほしい人が取った。
あとは⑪船山だけ。

アウェイで勝ったら結構大きい。

WIN BY ALL!!