▼この記事を読むのにかかる時間/約5分
2016-09-25 (17)
ちゃらーす☆

最後まで死力を尽くしたものの...
届かず。

終盤はかなり迫力のある攻撃を仕掛けていたものの、何度ものチャンスをものに出来たのは結果わずか一度のみ。

佐藤優也キャプテンが試合後のコメントで残したように、守備的に入りすぎて必要以上に受けに回ってしまった形だと思います。

ここからは吹っ切れて欲しいですね。
---------------------------------------------------------------------
【システムのマッチアップ】
myboard
赤:ジェフ/緑:ヴェルディ

▼ジェフ千葉

右サイド以外は、現存戦力の最強布陣でしょう。
※当然、この試合もあって序列は変わると思いますが...

右の㉜菅嶋が不在なので、⑧井出が入ります。
---------------------------------------------------------------------

▼ジェフとヴェルディの立ち上がりは...

まずはジェフ。
ジェフは長いボール中心の立ち上がりを見せる。
これはここ最近では珍しい事でもない。

⑨エウトンの空中戦と⑪船山の飛び出し、⑭町田のセカンドボールを計算出来るから。

その上、後方には③近藤、㉝丹羽、⑮冨澤と、キック制度の高い選手が多い。
2016-09-25 (1)
右から左に攻めるジェフ(ピンク)
㉝丹羽から⑨エウトンへのフィード。

相手DFラインの手前にポトリと落とすこのパスは得意の形。
この日もこの形からの攻撃を狙う。

しかし、この画像のシーンでこそ上手くいっているものの、全体的にはこれがなかなか収まらない。

㉝丹羽のキックの精度もかなり精彩を欠いていた。

上手く前で時間を作れない。


その要因の一つが、ヴェルディのSBのポジショニング。
2016-09-25 (3)
左から右に攻めるヴェルディ(緑)
ヴェルディは後方にかなり思いスタイルで応戦。
SBがあまり高い位置を取らない。

そして⑳井上を中心にゲームを組み立てる。

SBが高い位置を取らない事でサイドのスペースが埋まり、⑭町田も窮屈。
ジェフが長いボールを送ってもセカンドボールをことごとくヴェルディに拾われる展開。

その上後方に人数をかけてポゼッションを高め、全体を押し上げるの繰り返し。

ジェフはロングボールを失っては押し込まれる展開に...


更に攻勢をかけてきたのが⑨アラン・ピニェイロ。
⑬比嘉とのマッチアップで積極的に仕掛けてくる。
2016-09-25 (2)
左から右に攻めるヴェルディ。
このサイドの攻防が前半のポイント。

⑬比嘉が足首を踏まれるなどのアクシデントもあったが、ここでジェフは前に出れない。


▼ひとつポイントが出来ると他が生きる

ヴェルディがこのサイドで優勢になれば、他が生きてくる。
特に、このサイドは⑨アラン・ピニェイロに任せて大丈夫だとなれば、他に人数を割く事も出来る。

ここで厄介なのが⑳井上。
2016-09-25 (5)
左から右に攻めるヴェルディ。
機を見て攻め上がっては左サイドの崩しに参加。
⑩高木、㉜二川と合わせてテクニシャンが揃えば、当然ジェフのゴールは脅かされる。


☆25分 ヴェルディ得点:1-0

右コーナーキックから。
⑩高木のキックに中央、⑨アラン・ピニェイロのボレーが決まって先制。
2016-09-25 (8)
赤枠、左腕で㉝丹羽のマークをブロックしてボールへのアプローチを封じ、出来たわずかなスペースでボレー。
うまい...


▼バランスの取れたヴェルディの中央の守備

ヴェルディの中央の守備のバランスは非常に訓練されている印象。
2016-09-25 (9)
右から左に攻めるジェフ。
降りてボールを受ける⑭町田に対して⑳井上が前に出てアプローチ。
この時青枠の㉜二川がスッと下がってスペースを埋める働き。

非常に連動した守備を見せる。


しかし、その中でもヴェルディにとって脅威だったのは⑩長澤だろう。
この守備網を一人で打開するドリブルを見せる。
2016-09-25
右から左に攻めるジェフ。
赤枠、ヴェルディのマーク3枚を剥がしてドリブル突破。

このバイタルを取れれば、今度はサイドが空いてくる。


▼後半、サイドを起点に全体を押し上げるジェフ

前半が終了し、長谷部監督に「このまま負ければ、残りの試合が意味のないものになるかもしれないぞ」と檄を飛ばされたジェフ。
後半に入り攻勢に出る。

ポイントはサイドの攻防。

前半⑨アラン・ピニェイロに押し込まれていた左サイドを奪還。
2016-09-25 (12)
左から右に攻めるジェフ。
この左サイドの奥を取れるように。
2016-09-25 (13)
逆サイドのSBである㉝丹羽も手前の赤枠この位置。


61分 ジェフ選手交代

⑬比嘉→㉗阿部


しかし、最後のエンジンがかからないのが⑨エウトン。

ボールを受ける前の準備が甘い。
2016-09-25 (15)
左から右に攻めるジェフ。
中央でボールを持つ⑩長澤。
その先に青枠の2人、⑪船山と⑧井出は受ける準備万端だが、赤枠⑨エウトンが全く貰う準備をしていない。

ここが機能しないと厳しいジェフ。


74分/79分 ジェフ選手交代

⑧井出→⑱吉田
⑨エウトン→⑲オナイウ

フレッシュさを前面に押し出せる二人が投入された事で勢いを増していくジェフ。
待望の得点は88分。

☆88分 ジェフ得点:1-1

最終ラインから③近藤が持ち出すと⑭町田へ。右の⑲オナイウへ展開すると、これをダイレクトで折り返す。
GKとDFの間、絶妙な位置に放り込まれたボールに⑱吉田が合わせて同点。

交代選手2人が高いモチベーションで結果を残す。

アディショナルタイムは6分。

猛攻を見せて何度もゴール前に迫るものの決めきれず...

手痛いドローでの決着。


【まとめ】
立ち上がり、長いボール中心のジェフ。しかし、これがなかなか前線に収まらず。
後方に重心を置いてポゼッションを高めるヴェルディは⑨アラン・ピニェイロを積極的に使う。
セットプレーからの得点でヴェルディ優勢で折り返す。
後半に入るとサイドを起点にジェフが盛り返す。
不調の⑨エウトンを諦めて、⑱吉田と⑲オナイウを投入すると躍動。
1点を返すものの幾度のチャンスもモノに出来ず。
勝ち点1を分け合う形に。
---------------------------------------------------------------------

審判に対する不満を長谷部監督自身も持ち出した事でサポーター界隈はざわついていますが...


③近藤も、前線の決定力不足にいら立ちをあらわにしていますし。

この辺の不満を、次節以降の力に変換出来るか否か。


結果が欲しい。


WIN BY ALL!!