▼この記事を読むのにかかる時間/約3分
IMG_3513
ちゃらーす☆

はてさて、最近は新しいブログを始めては飽きてみたり、突然オフ会を開くとか言ってみたり。
現在は、分析ブログの在り方を改めて再考してみたりと、忙しい私zu-ka-ki-です。

まあ、色んな仕掛けを打っていく為の布石って事で。

で、今回は直接的にはフットボールに関係の無い話です。
(興味ない方、ごめんなさいね。なんて口だけ)

でもまあ、いずれ自分がジェフでやっていきたい事と重なってくるにはくるんだけれど。


"プロモーション"と言えば、まあ、基本的には広告でしょう。

最も大きなTVという広告媒体を始めとして、新聞、雑誌、ラジオ。
これがいわゆる4マス媒体。

そこに彗星のごとく現れた"ネット広告"が、あれよあれよと、TVに次ぐ第2のデカさに。

今やプロモーションを打つ上では、ネット広告は外せないものになっております。


が。



それもそろそろ限界でしょう。
もちろん、突然消え去る事はありませんが、従来の広告の捉え方をしていては、あっという間に時代に取り残されていきますよ。

このブログは当然フットボールのブログですから、フットボール業界の皆さんに警鐘を鳴らしているわけです。








1026-00176-064b1


▼受信者ではなく、いかに発信者を増やすか

別にボクは新しい事を提案しているわけではありません。
色んな所で既に声が上がっている事を、改めて言っているだけなのです。


いままで、プロモーションで最も重要視されてきたのは、"どれだけの人間にリーチ出来たか"でした。

つまりは、
どれだけの人がそのCMを閲覧したのか
どれだけの人がその新聞記事を読んだのか
どれだけの人が、そのHPへ訪れたのか

つまりは、プロモーションを受け取る側、受信者を増やすという事。
これを最大化させる努力を各企業が行っていたわけですね。


でも、これからは違う。
これからは、


どれだけ発信者を増やせるか


つまり、

プロモーターを如何に増やすか



インターネットの普及で個人の発信力が増しました。
ブログが流行って、一般人でも大きな力を発揮できるようになった。

そこへSNSが登場して、その流れに拍車がかかった。

いまや、一人一人が簡単に発信者になる時代。


現在最も勢力を伸ばしているのが皆さんご存知インスタグラム。

写真/画像がメインのこのコンテンツは、言葉という壁を簡単に打ち壊して、国境を軽々越える。









international-borders-25-1


そして当然企業は、このインスタグラムに広告を表示させたいと思う。

でもそれはあまりにも短絡的で、古いやり方。


そこで、"発信者"を増やす。


発想自体は、かつて有名ブロガーに商品宣伝させていたあれと変わらない。

ただし、そこに広告費を支払うとかではなく、あくまで自然とSNSに投稿したくなるような仕掛けを図るというわけです。


フットボールを例にとって考えてみましょう。

流行を作り出すと言われる、10代女性をターゲットにする。


従来のやりかたであれば、この10代に向けて、フットボールの広告を打ったり、プロモーションを企画します。

「スタジアム来場者にはもれなく限定キティちゃんグッズが!」
「女性は半額」
「美容グッズが当たる抽選券つき」

とかとか。


キティちゃんは突っ込みどころねw


でもこれじゃあ通用しない。


「うわっ!ナニコレ超かわいい~♡写真撮ろ!写真!!」


この状態を如何に作り出すか。
能動的に写真を撮りたいという状況を如何に作り出すか。

ここに全精力を注ぎこむべきです。

これを大量に生み出せれば、それだけ発信者が増える。
当然彼女たちに宣伝費を支払っているわけではない。

最終的な世間一般の消費者たちへのリーチは、彼女たちが勝手にやってくれる。


こうしてまるで吸血鬼のように、情報を発信する下僕を如何に増やすかに今後のプロモーションはかかっているのです。



▼ググるが通用しない世界がすぐそこまで来ている...

ググるって、もう死語らしいっすよ。






surprise5


びっくりしましたよ。

10代の子に言わせれば、「企業っぽくて嫌」なんだそうで(^_^;)

ていうか、広告そのものも嫌われていて。
企業が一方的に消費者に向かって発信してくる情報を、嫌っているんですね。

だから、Google検索で出てくる検索結果も疑ってかかっているし、いかにもどっかの企業が狙って作ったようなホームページとかはもう避けられ始めている。


で、どうするかっていうと、Twitterとか、インスタグラムで情報検索してしまう時代なんだとか。

よりリアルな、信用のおける、一般消費者の発信している情報を拾いにいくのです。


そう、つまりは口コミですね。


もはや、プロモーションに関しては、企業よりも個人の方が力を持っています。

企業はそれを早く認めないと!

聞いてる?
サッカー業界の皆さん!!


だから今後は、何か企画する際には、"写真を撮ってみんなに共有したくなるもの"を常に意識しないとダメよ!


インスタのフレームぐらいマジで用意しとけよ!
もはや古いかもだけれど、無いよりよっぽどマシだぞ!!


...ネット広告業界で働いているボクでさえそう思うんだから、きっと間違いないよ。



なんて、ただの思い付きで書いた記事ですみません。
(当然口だけ)


ゴールキーパー体験!
とか作って、ボールぶつけられる動画とか撮らせてアップさせたら?笑
女子高生はゲラゲラ笑って撮るかもよw



メモメモ♪