▼この記事を読むのにかかる時間/約3分
0006008631E2_740x555y
ちゃらーす☆

世界規模での動画媒体と言えば、皆さんご存知Youtube。

日本であれば、他にもたくさんの動画媒体は存在するけれど、世界規模での普及を見ると、Youtubeがダントツ。

別にYoutubeの話をしたいというワケではなくて、動画媒体を使ってプロモーションするならどう使うかって話。

真面目に記事書こうとしたら、カチッとしてて超つまらない記事になったから手短に結論から。


今や、Youtubeは"音楽を聴く媒体である"点にこそ注目すべきで、動画を見る媒体と捉えるよりもよっぽどチャンスがある。


音楽アプリとして、LINEミュージックとか、AWAとか、Googleプレイとか、色んなアプリが登場した。
で、定額で聴きたい音楽を聴き放題とかになって、CDは売れなくなった。

ただし、アプリに登録されていないミュージシャンもたくさんいるから、聴きたい曲が入ってない場合もある。

最近流行りの、「君の名は。」の曲なんかは聴けない。
RADWIMPSがほとんど登録されていないから。

そこで、どうしても聴きたい曲はYoutubeで探す。
タダで聴けるしね。


もちろん、アーティストが公式に上げている動画(PV)があればベストで、それを聴けば良い。
まあ、非公式なものもあって、それを聴いている場合もある(ただし違法なケースが多い)。


しかし、Youtube上でも楽曲が見当たらない場合がある。
公式に上げておらず、非公式にアップされているものも厳しくチェックして取り締まっているケース。

こうなると曲を聴きたくても聴けない。


そこで。


注目すべきが、「歌ってみた」。


本人の楽曲が見つからない時には、出来るだけ本人に近いか、実力者の「歌ってみた」を聴いて代用する。

基本的に歌い手は歌声を売りたいわけで、容姿を売りたいわけではないから、映像そのものには力を入れていないケースが多い。
(もちろん例外はある)


そこがチャンス!

ようは、

「歌声を売りたい!でも映像制作は出来ない。Youtubeにアップする時も、適当な動画とか画像を流しているだけです」

なんて歌い手の、映像制作に入り込めば良い。


例として、再び映画「君の名は。」の楽曲を提供しているRADWIMPS。

Youtubeで聴く事の出来る楽曲はメインテーマの「前前前世」くらい。

「なんでもないや」とか「スパークル」のような楽曲は用意されていない。

そこで、それを聴きたいユーザーは"歌ってみた"で上手な人のものを聞く事になる。



このように、映像制作は最低限で、歌声でネット上の有名人になっている人は多い。

この人たちとコラボすれば良い。
プロモーションしたいものの映像だけを作って、提供すれば良い。


音楽アプリで曲が見つからない

Youtubeで曲を探しに来る

本人が歌っている動画が見つからない

歌ってみたの人の曲を聴く

プロモーション映像をついでに見てもらう


この流れ。
もちろん曲の世界観やリズムに合わせて映像を制作する必要はある。

ただ、音楽を聴くために訪れたユーザーが、ついでにこの映像を見てくれれば良い。
普通にお金かけてプロモーションするよりよっぽど安く効率的に訴求できると思う。



自分がこの手法を使うのはもっと先の話になりそうだし、その時にはもう古い使い方になっているかもしれないから、ここで放り投げておきます。


まあ、プロモーション手法で悩んでいる方がいたら是非やってみたら良い。



プロモーション手法は時代で変わるから常に考えておかないとで頭が忙しい...



メモメモ♪