▼この記事を読むのにかかる時間/約3分

ちゃらっすー☆

別に記事にするほど濃い内容じゃないと思いつつも...
やりたい事があるけれど、ボクにはその能力が無いので、助けを求めようと思います。


皆さん。
恋した事、ありますか?


まあ、おそらく多くの人があると思うんです。

でね、たくさんの恋をしてきた人でも、そうでない人でも、ふとした瞬間に昔好きだった人の事を思い出す瞬間ってあると思うんです。

道を歩いていたり、どこか思い出の場所に行ったり、電車に乗っていたり。


で、そういった淡い想い出を思い出す瞬間って、どんな時かって話です。




3364185323_1396dd4046_o




ボクが今回お話したいのは"匂い"の話。




▼鼻に記憶させる...

好きだった人の香水の匂い。
シャンプーの匂い。
柔軟剤の匂い。
肌の匂いもあるかも。

当時の匂いを街中で感じると、ふとその頃の記憶がフラッシュバックされます。
何故なら、匂いこそが五感の中で最も記憶に定着しやすい感覚らしいのです。


逆に、一番記憶に残りづらいのは視覚だったりするらしい。
毎日処理する情報量が半端じゃないから、脳に留めておけないんだそうで。


で、話を戻すと、"匂いこそが最も記憶に残る"ってのは、プロモーションの観点から見ても決して捨て置けない要素だと個人的には思っています。


企画に"匂い"があればそれは想い出と共に脳の中で記憶として残り、その匂いをどこかで感じた時にはその企画を思い出すわけです。
これは凄い可能性を含んでいるんですよ。


例えば、ボクが柔軟剤のメーカーで広報をやるのなら、匂いそのものの宣伝よりも、何かのイベントにお邪魔して、そこにその柔軟剤の香りを漂わせておきますね。

匂いと記憶はセット。

人は匂いそのものを求めに来る一方で、その匂いにくっついてくる記憶や想い出を求めてくるのです。


で、話を戻すと、企画にしても"匂い"は今後外せない要素だと思っています。

"独特な匂い"よりは、どこか日常の中にありそうな匂いの方が良い。
独特すぎると、その企画以外で匂いを感じる機会が無いので、記憶が呼び覚まされる事がない。


日常生活の中で企画の想い出が呼び起こされるように、今後匂いの要素は是非取り入れておきたい。


しかしその能力はボクは持っていない。

と、いう事で。


誰かアロマとか匂いに強い方がいたら力を貸して下さい。
匂いが持つ可能性をボクに教えてください。
一緒にオモシロイ事しましょう。


助けてくれろー!笑



20141214125735f5es






▼耳にも記憶させる
匂いほどは記憶の定着力は強くないものの、音楽にも同様の効果は期待出来ます。

懐メロとか聞くと、当時の想い出が蘇るのは誰もが経験する所。

「この曲はあの時失恋した時によく聞いていたなー...」

とか(笑)


例えばジェフサポなら、光永亮太くんの"over"とか聞いたらフクアリ行きたくなる!
みたいな感覚。

チャントの原曲聞いたらその選手を思い出しちゃうとか。


そーゆー事。


つまりは企画に関しても、音楽は必要な要素になり得る。


ただ、どんな曲を選曲するかは重要だし難しい。

有名な曲には既にたくさんの想い出がくっついてる。
ドラマの主題歌にはドラマの記憶が。
アニメやCMや映画もそう。


しかし、マイナーな曲を選びすぎると、日常の中でその曲に触れ合う事が無さ過ぎて想い出がフラッシュバックする事が無い...

この辺のバランスは難しい。


試行錯誤しながらになるかなー。

ボクは人よりちょっと歌が上手いくらいの素人で、音楽は完全に専門外なので、そこに関しての助けも必要としています。

アドバイス等々、助けてくれろ♪