▼この記事を読むのにかかる時間/約4分

ちゃらっすー☆

初めまして、zu-ka-ki-と申します。

え?
何を今更初めましてだって??

いや、デカい企画を立てるのは良いんだけれど、そもそもコイツが何者かもわからないような状況で参加したいかって話ですよ。
ボクが逆の立場なら嫌だね。

確かに、ずっとボクの事をチェックして下さっている方々は知っていると思いますよ。
ボクが毎朝ざるそば食べているのも知っていると思います。

しかしですね。

自分の事は既にある程度知られているなんて気構えじゃダメだなと!
今回の企画で初めてボクを知る方もいるだろうし。

もしくは、なんとなく変なヤツがいる、程度にしか知らない人もいるでしょう。

第一回の飲み会に来た人は耳タコかもしれません。
ガマケンさんももちろんです。

ただまあ、なんでボクがこーいった企画を打ち出しているのか。
朝早めに出社してはスタバの開店時間にinして、自分のプライベートを削り、休日に早起きし、仕事中は歩きながらおにぎりを食べる事で食事の時間を圧縮し、少しでも企画に充てる時間を増やそうとしているのか。

改めてそれをお話しておこうと思う次第であります。
何度も聞いている人は、鼻くそほじりながら聞いてください。
(聞かなくて良いとは言ってない)


▼zu-ka-ki-はサポ歴2年

ええ、真実です。

フットボールはずっとやってきました。
中学生で部活を始めて、中学2年生からずっとキーパーです。
現在も社会人チームに所属しております。

しかし、ジェフを本格的に見始めてからはまだ2年しか経っていません。

それまでは分析に明け暮れていたとか、ジェフの社長に1シーズンの全試合分のレポートを送り付けたとか色々ネタは尽きませんが...
その辺は今回お話ししたい内容とはズレるので割愛。


なんにしても、まだまだ駆け出しサポのzu-ka-ki-。
実はスタジアムに通う回数もめちゃくちゃ少ない。

都内に住んでいるもので...
実家は千葉市内ですが。

でね、スタジアムに行った時。

ハッキリ言おう。

ボクはチャント歌ってません!!







20150803wwe9


...物凄いブーイングが聞こえそうだ。


何故なら。

まあ、平たく言ってしまえば一人で見ているから。

元々試合を分析しながら見るのが好きだったから、2階席の一番前の列とかで見てる事が多い。
実家を出て都内にいるもんだから、あんまりジェフサポ仲間にも出会わないしね。

やっぱさ、周りの人が座っている環境で、一人でいたら歌うの恥ずかしいよ!!笑
もちろん手拍子とかはするけれどさ、はしゃげないのよ!!



▼何がオモシロイと感じるかは人それぞれ

一人で見ているのに、大きい声を出して、チャントを歌い、飛び跳ね続けている人は凄いと思う。
自分に出来ていない事だけに、ホント凄いと思ってます。
きっと、それを最大限楽しんでいるんだと思う。

「一人でも、大声出して歌って、飛び跳ねるのは気持ち良いしオモシロイよ!!」

うん、そうなのかもしれない。
やってみたら、オモシロイと感じるかもしれない。



...でも、そう思わないかもしれない。


そう。

何をオモシロイと感じるかは人それぞれだから。
それはそれぞれの価値観だから。

「一人でも声を出した方がオモシロイからやってみなよ!」

自分が発見した面白さを人に伝えるのは良い事だし、是非そうするべきだと思う。
この提案は続けるべき。

でも、それに共感出来る人もいれば、出来ない人もいる。
提案するのは賛成だけれど、押し付けるのは違う。


一人で声を出す事を、面白さよりも"辛さ"と感じる人もいる。

ボクも、そうなのかもしれない。


じゃあ、ボクは"一人で大人しく見る事"こそ最大にオモシロイと感じていたのか。




そうじゃなかった。

何故なら、友達と見に行った時はバカみたいに騒いでいたから。

大きな声で歌い、はしゃいでいたんだから。



2b57be92aaa037cfc8a210cb9e91e43f_400



▼一人を二人にする事なら出来るハズだ


一人で声を出せない人に、「声を出せ!」って言っても声は出さない。
だって、それをオモシロイと感じる価値観ではないから。

ただ、その人が「声を出す事」そのものを拒んでいるとは限らない。
「一人で声を出す事」を拒んでいるケースが絶対的に存在する!

ボクだってそうなんだから。

一人で見ている人に無理強いして声を出させるわけにはいかないけれど、本当は声を出して応援したい"おひとり様"がいるのなら、それを"ふたり以上"にする事なら出来るかも!

そう思ったわけです。

どうやってふたり以上にするかといえば...


そう。
サポーター同士の繋がりを強化すれば良いと思ったんです。

そしてそれは、スタジアムの外側で作り出せる事だと思ったのです。




▼勝ったから楽しい。負けたからつまらない。を卒業しよう


試合に勝ったから楽しい。
負けたからつまらない。

まあ、その感情はしかたないけれど、少し勿体ないなと感じてしまいます。

というか、ジェフを最大限に楽しめてない。

勝っても負けてもジェフを楽しめる環境があったら良いなと思ったんですね。

勝った時には皆で勝利を分かち合い、負けた時には皆で愚痴でもこぼして、嫌な気分は吐き出して帰る。

勝ち負けはもちろん大事だけれど、週末のジェフを最高にするのは自分たちで出来るじゃないか!
クラブの内側は変えられないし、選手の補強にも口を出せないし、試合中の戦術に対しても何も出来ない。

けれど、スタジアムの外側なら変えられるから。
自分たちで作れるから。




おひとり様に仲間を作る事。
"勝っても負けてもオモシロイ"を作る事。


スタジアムの外側で共に語らい、共に笑い。
そしてスタジアムの中で巡り合う。
スタジアムの内側で共に歌い、共に戦い。
またスタジアムの外で待ち合わせる。


そんな空間とサイクルを創り出すのがzu-ka-ki-の野望でございます。




スカパーは素晴らしいコピーを残しました。

「待っていたのは、最高の週末だ!」

でもせっかくだから。

待っている週末を最高にしよう。
最高の週末を創り出そう。



そんな想いを込めて。

ボクは明日の朝も、ざるそばを食べるのです。




「さあ、週末のジェフを最高にしよう!」




新シーズンに向けて、準備は整っていますか??



▼『2017シーズン ジェフサポ決起集会!』~週末のジェフを最高にしよう!!~
http://standing-ovation.blog.jp/archives/68259483.html