▼この記事を読むのにかかる時間/約5分

ちゃらっすー☆




そこにドリンクは出ない。
食事も出ない。

確かに参加は無料だけれど、何かもてなされるわけではない。

そう、そこにはジェフしかない。

よくもまあ、コミュニティセンターの一室にあれだけのサポーターが集まったものだと。
変な奴らめ!笑

当然自分を含めてね。


いぬゆな氏(INUUNITED)が主催した、「ジェフサポ討論会」に行って参りました。

蘇我のコミュニティセンターの一室を借りて、集まったサポ30人!
キックオフフェスタの後だとは言え、無料とは言え、ジェフを語る為だけに集まった30人。

まあ、濃いよね(笑)

この辺のレポートは議事録としていぬゆな氏がまとめてくれているから、しっかり読んでみてよ。
(2時間の時間を押しに押しての4時間。全部録音しているんだからね、彼は...笑)


当日は時間が押しまくっていたので、ボクは口数を減らしました(笑)
多分そこで盛り上がっちゃったら時間超えると思ったから(^_^;)

で、当日は触れる事の出来なかった話のなかで、ほんの少しだけ触れておきたい部分があったので、それを抜粋して記事にしときます。

皆も言いたい事がいっぱいあったと思います。
こんな時、ブログがあると言いたい事言えてスッキリする(笑)

おススメ!


▼スタジアム周辺を"ボールパーク化"したい


こちらは、いぬゆな氏が事前に取ったアンケートにあった回答の一つになります。

"ボールパーク"ってのは野球に使われる用語で、スタジアムが試合を見るだけではなく様々な設備を整えてあって、野球を中心に人々の色んなニーズを叶えちゃおうってやつ。
例えば、子供が遊ぶアスレチック的なものがあったり、場内にバーベキュー場があったりもする。

なんでもアリだ。

ただし、討論会では、「これは野球だからこそできるもので、サッカーでは難しい。」という結論に片付いた。
プロ野球とJリーグでは年間の試合数に差があり過ぎると。
平日でも試合があって集客が図れるプロ野球だからこそ実現出来ていると。

でもね、ボクは無理じゃないと思っているのです。

まあ、そのままボールパークを作るって話ではなくて、考え方の話。
ボールパークの何が凄いかって話。

それはね、野球が"ついで"になっているから凄いのよ。

普通に考えたら、野球場なんだから、野球が中心にあって、そのついでに他の設備を作る。
でも、これを逆転の発想にしちゃったのがボールパークの凄い所。






3799773773_5e2d109526_o


人は、バーベキューをしに来ます。

野球場に。



「野球を見るついでにバーベキューもする」

じゃないんです。

「バーベキューするついでに野球も見る」

こうなんです。
バーベキューが最もやりたい事で、たまたまそこで野球がやってるからついでに見るって発想。

真似るべきはここ。

野球が好きな人は、当然野球の魅力を伝えたいと思うでしょう。
けれど、まだ野球に興味がない人からすれば、熱く野球の話を語られても鬱陶しいだけ。

そこで、バーベキューを使う。

「野球なんて見なくても良いから、スタジアムにバーベキューしに行こう!」

こう言われたら、きっと行きやすい。
野球を見たらゲロ吐いちゃうような人間でない限り、
「まあ、、野球は無視しとけばいっか。」
となる。

でも、いざスタジアムに入ったら、応援の凄さとか、雰囲気とか、選手のプレーを感じてハマっちゃう。

野球をする場所なのに、野球が"ついで"になる仕組みを作った事が凄いのよ。


話を戻すと、この考え方は、Jリーグにだって使えない話じゃない。
どんな設備を持たせるかじゃなくて、いかにフットボールを"ついで"に出来るか。
敷居を引き下げられるか。

そういった意味では、"ボールパーク化"ってのは決してズレた話じゃないよね?





hurdle




...さて。

そんな、フットボールの敷居を下げたイベントが近々開催されるようですよ?



「ジェフは詳しくないけれど、肉が好きなんですー!」

結構じゃないか。


「ジェフが大好きで、肉...」
すぐ来い!!

食い気味に来いそれは!
何を迷う。

すぐに...来い!!



(まだリリースしてかから10日程だけれど、席はあと半分しかないよ!)