▼この記事を読むのにかかる時間/約5分
12094813_889008601178667_1578182405016379801_o

どもども、zu-ka-ki-ですよ。

はてさて。

先日のジェフサポ決起集会を終えて。
一息ついている所ですが。

既にあれは過去の事。
いつまでも過去の余韻に浸っているほど時間は有り余ってはいません。

長谷部さんも昨シーズン口にしていた大切な事。

"継続"

シーズンは長い。
開幕前に灯したこの"黄色い火"を絶やす事無く、更に熱く燃え上がるように、継続あるのみ。

とはいえ、ずーんと考えていても自分自身燃え尽き症候群に陥ってしまいますから、ここらで一度頭ん中を整理しておきます。


まずは反省をまとめていかねばなりませぬ。
自分が集客しながら、走りながら感じた部分。

それは、「今回参加しなかった人が、どうして参加しなかったのだろう?」という事。


いや、基本的に、この会は参加したい人が参加すれば良い会であって、参加しない選択肢はリスペクトするし、ボクは楽しみ方の選択肢を増やしたいだけだから、皆が来ないと納得出来ないわけではないです。


だから、

"そもそも興味ない"

"zu-ka-ki-が気に食わない"

こんな考えの方々を無理やり振り向かせようとする必要はなくて、それはそれでリスペクト。


ただ、目を逸らしてはいけないのが、

"本当は興味あるけれど、様々な理由によって断念した"

この人たちは拾っていかなければいけない。
というか、なんとかしてあげたい!

だから、そこはしっかりと反省していかないと。


------------------------------------------
①お金

いや、デカいよね、この問題は。
今回の集まりも、当初の予定だと大人は一人4,500円くらいで計算していました。

でも、なんとか色んなメニューの組み合わせを考えて、ドリンクの数を削ったりして、少しでも安く済ませるように途中で修正を加えていきましたが、3,500円が限界。

学生もそれ以上に安かったとは言え、全体的に少し難しい金額だった事は否めません。

ボクは今までの活動を、基本的に飲食店で開催しています。
それは、箱として用意する時に管理が楽だからです。

お店は商売ですから、店員さんが手伝ってくれます。
基本的に一人で構想を練っているボクとしては、重要な労働力です。

席の確保とかも含めて、何かと便利。

しかし、飲食店である以上、必ず飲食が必要になります。
当然そこにお金がかかる。


でも参加者の皆さんは"ジェフ"を目的に集まっているので、飲食なんてどうでも良いんじゃないかと。
改めて。

食事なんて各々で食べてくれば良いし、ドリンクくらいが飲めれば十分。
場合によっては買ってくるなり、ケータリングレベルでも十分なんだろうなぁと。


今回の企画を通じて、皆さんの協力を得て進める事を覚えました。

どうやって周りの人を巻き込むのかとか、どうやって仕事を振るのかとか。
どんな仕事は振っても大丈夫かとか。

参加者の皆さんの力を借りれれば、店員さんの力を借りる必要はなくなります。

そしたら、必ずしも飲食店を利用する必要もないし。
利用したとしても、HUBみたいに都度会計のシステムを採用するとか。

この辺で金額面はだいぶ抑えられるかなと。


観戦会の時みたいに、大人2,000円がMAXかなあと思ってます。

場所探し含めて、ここら辺はしっかりと練っていきたい所。



②テーブル制のメリット/デメリット
今回はテーブルに着席するスタイルでの開催でした。
"焼肉"(出来ればBBQが良かった)という、自分たちで作る必要があるものにして、交流を深めやすくするのが狙い。

その狙いが結果的にどうだったかはわからないけれど、交流が発生せざるを得ないというのがメリットでありデメリット。

交流を深めたい、広めたい人にとっては良かった。

けれど、別に交流を求めていない人にとっては酷な状況。
知らない人といきなり会話を求められるのは難しい人もいたハズ。

そんな人は参加に踏み切れなかったと思います。

それに、もしテーブルに苦手な人がいたら...
なんて事も考慮しないといけない。


なので、次回は着席スタイルではないものにしたいなと考えています。

交流したい人は交流すれば良いし、一人で過ごしたい人は一人で過ごせるような...
そんなものを考えています。
------------------------------------------

なんて反省を書き出してみると、自分の頭の中がクリアになって、徐々にアイディアが固まってくる。
おぼろげながらに次回の形が見えてきました。


上の二つの反省点を解決しつつ、コンテンツとして成立するもの。

...っつー事で。



"黄色い美術館"


これが今、ぼんやりと頭に浮かんでいる企画。

お金の問題を解決しつつ、特に料理にはこだわらず、着席のスタイルではなく、お一人様でも楽しめるコンテンツ。

イメージは美術館だったり、個展に近いかも。


・集まれ画伯!
→イラストが得意な人の作品展示

・こんなチャントどうよ?
→チャントを考えるのが好きな方がいるので、それも展示

・あのゲーフラと共に!
→ゲーフラをお持ちの方に協力いただいて、それと写真を撮れるようにとか


かなりジャストアイディアですが、1ドリンク制とかにして、予約人数を決めるというよりは一日場所借りて入退場自由みたいな。


そんな事を考えています。


ただ、これを実現するにはたくさん乗り越えなければならない壁があるので、時間をかけながらかな。

ちょくちょくライトな集まりは企画していきたいと思います。
その中で固まっていく部分もあるだろうし。


その他にもジェフの枠を超えて、千葉のあるセミナーにいぬゆな氏と参加したりと、今後は展開の幅を持たせていくつもりです。
プロパーついてくれないかな~(笑)


てなワケで。

これからもジェフっていきましょ♪