▼この記事を読むのにかかる時間/約5分
IMG_20170627_080334





今やずーかーきーとはズブの関係になったエンヤ。
(ボクが一方的に思っているだけw)


とは言え、ボクがエンヤさんとガッツリ手を取り合って仕掛けたのはアウェイ岐阜戦での観戦会のみ。
個人的にお店を活用してはいるけれど、ガッツリ企画としての利用は実は多くありません。


自分で言うのはかっこ悪いですが、ボクが6月末に観戦会を実施したあと、7月、8月とお店は過去最高の売上を記録したそうです。





「ほら見ろ、これがずーかーきーの力だ」



という訳ではありません。




確かに、「このキッカケにボクの頑張りが寄与出来たかも!」

とは思いたい所ですが、実質的にはボクはこの観戦会の時の売上でしか貢献していません。
では、このキッカケをどうしてエンヤが掴み取る事が出来たのか、です。



そこがエンヤの力。




①観戦会の時、異常なほどの料理が出てきた


この観戦会における金額設定をおさらい
---------------------
大人(アルコール2杯) : ¥2,000
大人(ソフトドリンク2杯) : ¥1,500
学生(アルコール2杯) : ¥1,000
学生(ソフトドリンク2杯) : ¥1,000
小学生以下       : ¥500

全てのコースに軽食が付きます。
---------------------


こんな感じのプランでした。
凄く安くしてもらっています。

本来、子供を安くする為に大人は少し高くなるものですが、大人の料金も安い。

「料金を出来るだけ抑える為に、食事は最低限だけで構わない。」
とボクがオーダーしました。



しかし!










当日蓋を開けてみると、物凄い量の料理が出てきたのです!
きちんとしたコースくらいの量が出てきたのです!


「ここでのお店の認知効果を考えれば、売上を度外視してでも構いません」
と店長の小田さんは言います。






最高だと思った。


そして、素晴らしい判断だと思った。




こーゆー想いはしっかりとサポーターに届く。



観戦会を終えた後の参加者の反応を見ると、
「エンヤ頑張りすぎだろ!w」
「料理の量がハンパない!支払った料金以上に出てきてる!!」
などなど。




そう、皆気付いている。
エンヤの頑張りに。



すると何が起こるか。






エンヤに対する「恩」と「信用」が生まれます。



「あんなにサービスしてくれてありがとう!また絶対に来店します!」
「(凄く気前が良いし、暖かみのある店だなぁ。)」
となるわけですね。


サポーターからすれば、
「スポンサーとしてジェフを支えてくれてありがとうございます!」
なのに、そのスポンサーがサポーターによくしてくれた。

そしたら、「俺たちが支えるぜ!」 となるのは当たり前。


それがサポーターという人種だから。






②助けたくなる「隙間」を持っている


これは特に店長の小田さんの話。

思わず笑いたくなるような話かもしれませんが、凄く大切な事です。


観戦会をやった時の事。
さすがジェフのスポンサーという事もあって、観戦会に集まったサポーターへ向けてキャプテンの近藤選手からメッセージ動画が届きます。


で、それを流す事になったのですが…再生にてこずってなかなか動画が流れない。


そして、ようやく流れた!と思ったら、画面に表示された文字は…













「大好きな先生へ」














20170430_101045


「…………??」








なんですかこれはと(笑)





そして会場は総ツッコミ!




「コラー!絶対怪しいビデオだろー!!w」

「子供も見てるぞー!!笑」




慌てて弁解する小田さん。


しかし会場からは突っ込みと爆笑が止まらない。





要するに、突っ込む「隙」があるわけです。


だからこそ、助けてあげたくなる。


アウェイのサポーターとの交流を生みたいと、エンヤではフットサル企画も展開しています。
ジェフサポと対戦チームのサポでフットサルでの交流会。


普通の人なら、 「参加者集まらなかったらどうしよう…」と不安になる。


特にアウェイサポは集めづらい事が予想出来る。
そうなると、アウェイサポを集める目処がたったらスタートしよう!と、思う。
(で、だいたいが行動せずに終わる)




しかし、エンヤさんはドンと行きます。
目処なんてたたなくても行動しちゃいます。
開催しちゃいます。



すると、この様子を見ているサポーターは思うわけです。
「いやいや、大丈夫かな…人が集まらなかったら可哀想だな…」



助けたくなるわけですね。




エンヤには助けたくなる「隙間」がたくさんあります。
だから、人が集まる。



売上記録を伸ばしているのにはそういった背景があるとボクは思っています。
少なくとも、ボクはそんなエンヤさんを見ていて、ジェフへの熱量が凄いし、思い立ったらまずはプランを出しちゃう行動力が好きです。



だから、エンヤを勝たせたくなります。



そして、同じくエンヤを助けたいと思う人が集まるから、エンヤはあんなにもアットホームなんだと思います。


ボクは”スタジアム”がサポーターの待ち合わせ場所として機能していけば良いなと思っているのですが、エンヤは”スタジアムの外側に存在する待ち合わせ場所”として機能し始めている気がします。





最終節にはエンヤがスポンサーとして何かをしたいみたいです。

ボクは特に企画をたてるつもりはなかったので、何かお手伝い出来れば良いなと思っています。
ボクがフロントに立つ形は取らないと思いますが、裏方でもなんでも協力してあげたいなと思っています。






頑張れエンヤ!





▼ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/1f9sm9xj0000/






さて。



それとは別に、近々でエンヤに集まる企画があります。

10/28(土)はアウェイ大分戦。
もしご都合宜しければエンヤで一緒に観ませんか?

観戦会という形は取らないので、特別メニューを組むわけではありません。
せっかくだから一緒に観ようぜ程度です。


既に10名程は集まっています。


さらにさらに!

試合は14:00からなんですが、もう少し早い時間からヒマだぜって人は、こんな集まりもあるよ。





これも既に12人くらい集まっているよ。
お子様連れもいらっしゃるから、アットホームな感じでいきます。
詳しくはこの記事を見てね。




しっかりと自分の企画の宣伝もしておきます(笑)