無職の間くらいしか髪を染めるのは難しいかも!
って事で、髪の毛をボクのアイコンみたいにグレーにしてみたものの、10日で色が抜けて、今はただの金髪君のずーかーきーです。
(金髪は好きじゃないです。ジェフカラーっぽいけど。)


毎日せっせと『サッカー×カクウチ』の準備に追われています。
無職のくせに、1日8時間くらいは平気で稼働したりしています(笑)

たまにハローワーク行って手続きしたり、国民健康保険、年金、住民税の手続きとかも(笑)
無職になった事があるってのがいつか役に立つと思っています。

ボクの思考はそんな感じです。


さて、今一度過去を振り返って、この会の開催に至った経緯とか、その為に日々行っている作業なんかをまとめてみようと思います。




■黄色い美術館


今回、『サッカー×カクウチ』という形で、日本酒とのコラボを企画にしたわけですが、元々はブログで書いてきた”やってみたい事”が根っこになります。

その一つは、「黄色い美術館」ってヤツ。
記事で言うとこれ↓
http://standing-ovation.blog.jp/archives/69219161.html
エラー&トライ

この記事の中でちょろっと触れた企画が「黄色い美術館」。

サポーターって一人一人がクリエイターだったりする。
(ゲーフラとかイラスト、写真、ブログ等々)

だから、そう言った創作物を皆で持ち寄れば、それだけで美術館になるんじゃないかって。


で、なんでそうしようと思ったのかってのが今回の『サッカー×カクウチ』に結びついている大事な部分。
それは「一人でも楽しめる」って事。

よく、「交流が苦手」とか「リアルで繋がりたくない」とか、そんな声を耳にします。
それはその通りで、ボクも本当は人見知りです。
(皆さんの前に立つ時は割り切っているから大丈夫ですがw)

だから、ボクが逆の立場なら必ずそう思います。嫌だなって。
※この『逆の立場なら』ってのを一番大切にしていて、その視点で見た時に自分が楽しめなそうなものはやりません

ただの交流会にしちゃうと、ボクなら多分「参加しない」んです。
人見知っちゃって、居場所が見つからなくて、どうしたら良いかわからなくなって、多分すぐに帰りたくなっちゃう。
直ぐにスマホいじっちゃう。

そこで、いじるものをスマホから別の何かに代えられないかって考えます。
もしも見ているものが皆同じなら、そこには共通の話題が発生します。

すると、奇跡的にそこで交流が生まれる可能性がある。
「結果として」交流が生まれる可能性がある。

だから、見るだけでも成立する会を企画したいと思って、かつては「黄色い美術館」なんて企画を考えていたのです。
(振り返ると、およそ1年前に書いた記事だったw)

その時の想いがずっとあって、今回はそれを形にするわけです。




■VIPルーム企画


ずーっとボクがやりたかった企画です。
何度も何度もブログに書いてきましたし、実際に実施に向けてフクアリのVIPルームの貸し出しについて何度も問い合わせました。

何故VIPルームを使おうと思ったか。

一つは、ジェフサポにとっては一度は入ってみたい空間だから。
案外利用料が安いので、皆でお金を出し合えば、わりと簡単に借りられるのです。
「サポが力を合わせればそんな事も出来るよ」って事を証明したかったのです。

もう一つは、新規の人がフクアリに足を踏み入れるきっかけを作りたかったからです。
サッカーでも見ない限り、フクアリに足を踏み入れる事はなかなかありません。
そうなると、ハードルは上がる一方。

一度その空間に足を踏み入れてもらう事で、そのハードルを下げたかった。


ただ、まだジェフサポでない人をここまで引っ張ってくるには、強い魅力が無いと難しいし、そもそもジェフサポじゃない人にリーチする方法を、ボクが持っていなかった。

そういった新規の人にリーチするには、既に何かしらのコミュニティを形成している人にお願いするのが早いと思ったのです。

そこで、以前マルヤマさんに聞いていたsake baseに声をかけてみる事にしました。




■sake baseとのコラボ


話を持ち掛けると、なんと彼らは、千葉県社会人リーグの2部と、ブリオベッカ浦安で選手だったという2人組。
サッカーとは非常に近しかったのです。

それもあって、彼ら自身、スポーツ関係で何かやりたいと思っていたらしく、かなりスムーズに一緒にやる方向で話が固まっていきました。

そもそもお酒とサッカーの組み合わせは非常に相性が良いと考えていて、それは以前『酒屋とUNITED』という形で、酒屋・リカーショップウダさんとのコラボをやった時から感じていました。

アウェイチームに合わせてお酒を用意するだけでも面白いのです。
※例えば、2018シーズンは新潟と同じカテゴリ。当然美味しい日本酒が用意出来るわけです

なので、今後の展開も踏まえると、継続的に企画を打っていきたいと考えているボクにとってもうってつけでした。


ただし、ここで問題が。


フクアリの施設を利用する際の懸念点が多すぎたのです。

・会場内での販売行為は不可。
→入場料も取れない。日本酒の販売も不可。

・予約に関する制限
→1月に予約をしたければ、12月にならないと日程を抑える事が出来ないし、一般が使える日程はほとんど空きが無い

・駅から遠い

→この為だけにフクアリまで足を運んでくれる人がそもそも少ない可能性
(たまたま通りかかった人が入ってくる事も無い)


一つ目が一番大きな問題ですね。
会場は一つの手段でしかないですから、今回の企画にうってつけの場所を探し直す事にしたのです。


この時が10月頃だったかな...?



■日程・会場を決定


会場を探し回りましたが、結果的に、タムトルネードで開催する事となりました。

お店の営業時間外の利用であれば貸切可能だった事、店内での販売活動がOKだった事、駅からかなり近いという立地、通りかかった人が入ってくる可能性がある事、キャパが120人と大きい事、2階建ての為人の流れを設計し易かった事。

利用金額が少々高かったですが、条件はかなり良かった。

※通常の飲食店だと、コースとかを頼まなければ、お店は貸切に出来ません。
(出来たとしても、コース料金×貸切人数分の料金を支払えば)

ただ、タムトルネードはお店の開店が17:00だったので、それまでの時間という事で交渉した結果OKになりました。
その条件なら、お店としては本来入らなかったお金が入るし、そこには人件費もかかりませんからね。

日程は当初VIPルームでも考えていた1/27(土)に固定。
(ジェフはキャンプに入るハズだと踏んで)


sake baseの2人にも共有して、マルヤマさんを巻き込んで作戦会議です。

この頃が11月とかかなー。




■クラウドファンディングの実施


会場費が6万円と決定しました。
その他諸々を含めて、資金が必要になります。

なるべく多くの人に来場いただく為に、入場無料、入退場自由、予約不要にしました。
となると、資金は別の形で集めなければなりません。

そこで、クラウドファンディングを活用する事に決めました。
※集まった金額が可視化される事、情報が拡散され易い事、話題性などから

しかし、ボクに利益は発生しないとはいえ、資金を集めるというのは凄くデリケートな事です。
クラブに迷惑をかけるわけにはいかない。


従って...
クラウドファンディングを実施するにあたってはジェフの名前を出来るだけ使わない。
それから、クラウドファンディングのリターンにはジェフを絡めない。
ジェフの肖像に当たるものを出来るだけ避けるなどなど。
(インターネット上のイラスト、写真、その他諸々も、およそが権利に抵触しますからね。クラブが黙認してくれているだけで)


この辺のバランスを考えながらクラウドファンディングは実施しました。

なので、リターンはたいしたものが用意出来ませんでした(^_^;)

支援にあたっては、いちいち登録して手続きして支援するという面倒な作業だったかと思いますが、非常に多くの方から支援をいただけて、目標金額を達成出来た事は大変ありがたい限りです。





■当日に用意する内容を詰める


この会は一人でも楽しめるものにしようと考えていたので、一人で楽しめるコンテンツをどうやって用意するかが肝です。

そこで、自分が書いているジェフのブログを改めて総集編として会場に設置する事で、読み物を読むだけでも楽しめるようにと考えました。
それだけだと物足りないので、他にもイラストを使った装飾品や、ボクが描いてきた分析レポートファイル、イラストの原画、他にもサポテストなんかも設置しようと考えています。

あと、チームを離れた選手へのメッセージもその場で集めようかなと。
(これは、サポを代表してではなく、友人一同で集めました、という形で)


とにかく、一人で楽しめるものをたくさん用意しようと。

結果的にボクの作品ばかりになってしまいましたが、その理由としては、一つはスピードを損なうわけにはいかないので。

もう一つは預かったものの管理や保証が難しいと考えたからです。
お借りした人をそこで半日拘束するわけにはいかず、そうなるとボクが一時的にモノを預かる事になる。
不特定多数の人が来た時に、作品の損傷や紛失などを保証する事が出来ないと判断しました。
(ボクの作品だけなら、壊されてもボクが哀しい気持ちになるだけで済みますからねw)


なんて事を決めたら、あとは作業をガシガシに進めていくだけ。
ざっとまとめると...


適宜ブログで情報を公開。
会の告知とクラウドファンディングの支援募集と


2017シーズン妄想ジェフ総集編 簡略版 (ポスター)
会場の大きさを考慮すると、掲載出来る枚数は限られます。なので、まずは文章のボリュームを抑えたものとしてリライトする作業。
それが終わったら、それをポスターとしてデザインする作業。
それが終わったら、ポスター印刷の業者に発注。


2017シーズン妄想ジェフ総集編 完全版 冊子
こちらは当日会場に設置する為のもの。
210mm×210mmの正方形。
従って、それ用にwordでデータを作成して、業者へ発注。


▼2017シーズン妄想ジェフ総集編 完全版 データ

こちらは、クラウドファンディング目標達成により、皆さんに公開する分。
皆さんが印刷して保存する可能性も考えて、B5サイズ編集し直しています。


▼2017シーズン妄想ジェフ総集編 完全版 WEB

PDFデータでは見づらい方へ。
ブログ記事として、同じ内容をアップして全面的に公開。


▼当日の装飾品の買い物と創作

会場が少しでも魅力的な空間になるように、100円ショップで人工芝買ったり、ウェルカムスペース用の装飾を買ったり。
それから、ガーランドを手作りしたり、日本酒のペイフォワードの仕組みを作ったり、小物を用意したり。
クラウドファンディングリターンとしてはボツにした、選手イラストのポストカードの作成(これは会場に装飾品として飾ります)。


▼クラウドファンディングのリターンの準備

メッセージカード(アルバム掲載)の作成。
オリジナルポストカードへのメッセージ記入と発送手配。
似顔絵はこれから。




まぁ、そこそこやる事はあります。
面白いですけどね。
本気出さないと無理なので(笑)

でもこんな事を書いているという事は、ようやく終わりが見えてきたという事です。
あと1週間ちょい。



ポスターと冊子が届いたら、当日の装飾品紹介記事をまたアップします!